skip to Main Content

【タイプ別】インターン選考で落ちた学生さんへのアドバイス

はじめに

インターンシップの募集も始まりましたね。16年卒からは就活の時期が後ろ倒しになり、インターンシップの重要度が増してきたと言われています。

すでにインターンの選考に参加された学生さんも多いと思いますが、選考で落ちた学生さん向けのアドバイスをまとめてみました。

高学歴学生ほど就活のスタートが早い!

すでに、インターンの選考に参加した人は多いと思います。そして、高学歴の学生ほど就活を早めにスタートしている現実を知って驚いた人も多いと思います。

そして、なにより驚いたのは、グループディスカッションや面接で、あっさり落選してしまったことだと思います。

特に複数にインターンで落選してしまった人は精神的に辛い状況だと思います。

 

選考で落ちた時、学生さんの対応は2つに分かれる

・自分なりに対処法を見つけて動き出す人
・有料(無料)サービスを受けながら動き出す人

ここでの動きが人生を左右すると思いますので、ちょっと書いてみたいと思います。それでは、それぞれ詳しく解説していきましょう。

自分なりに対処法を見つけて動き出す人

そもそも優秀だった人

そもそも優秀なので、どうして落ちたのか、何が不足していたのかなど、しっかりと分析して修正するだけで、本番の就活には間に合うと思います。

実は普通だった人

ほとんどの学生さんがここに当てはまると思います。この部類の学生さんが、何が不足していたのか?を分析しても、そもそもその分析が的外れだったりします。ですからいくら努力してもなかなか成果に結びつかずに苦労することが多いようです。途中で就活をやめてしまう人にはこのパターンが多いようです。

有料(無料)サービスを受けながら動き出す人

そもそも優秀だった人

就活塾やキャリアセンターなどのサービスを効果的に使って動き出す人がいますね。そもそも優秀は人はそこから必要な情報を得るだけで、十分就活に間に合うと思います。

実は普通の人だった人

例え各種サービスを利用して分析できたとしても、不足している能力を鍛えることが難しいので、成長スピードが遅く就活に間に合わない事が多いようです。

就活のテクニックを学んだり、自己PRを盛ってみたりと色々を表面上は取り繕うことができますが、面接に進めばばれてしまうことが多く、就活に間に合ったようでも、実際に始まってみると苦戦することが多いようです。

また、各種の就活セミナーに参加するいわゆる「就活マニア」の人もここに当てはまるようです。情報を集めたり、就活に対する意識が高い人との交流だけで満足してしまう傾向があり、肝心な能力アップを疎かになってしまうようです。

希望する企業に内定できる能力の有無を把握すること。

ポイントはここです。自分が希望する企業に内定する能力があるのか、ないのか。ないのであれば、どの能力がないのか、後それくらい不足しているのかある程度、正確に把握する必要があります。身内であったり、先輩や友人ですとその評価は甘くなりがちです。当然、自分の評価はとっても甘くなりがちです。

ある程度冷静に、利害関係なく分析してくれる環境が必要だと思います。

能力そのものを上げることに注力すること。

不足している能力が把握出来たら、 その能力を上げることを考えるべきです。これまでの学生生活で身についていないのですから、これまでと同じ環境にいては能力を身につけることが難しいことは理解できると思います。 環境を整えて効率的に能力そののもをアップすることを考えてみましょう。

最後に

内定実績画像

LMCでは論理的思考力をいった基本的な能力を鍛える事で、毎年、学歴を超えた内定実績を出しています。

自分自身を鍛えたいと感じている方は、一度LMCの勉強会に遊びに来て下さい。お待ちしています。

Back To Top