skip to Main Content

LMCメンバーは「自分を否定する勇気」を持っている

LMC東京2013中央大の渡辺です。(※楽天、伊藤忠食品、山崎製パン、敷島製パン、マルハニチロに内定)

明日(19日)は社会人サッカーリーグの開幕戦です。これは私が就職活動で強みとしている経験なので、個人的に就職活動を始めてからの方がいろいろ考えて取り組めていると思います。そんな前置きはさておき。

今日は最近の私自身の考え方の変化についてお話しようかなと。まだ内定を勝ち取ってるわけでもないので、説得力はないかもしれませんが、、、、

 LMCメンバーは「自分を否定する勇気」を持っている

大手優良企業は優秀な学生ばかり

就職活動を行っていると、特に大手優良企業といわれる説明会及び選考では本当に優秀な学生と出会うことが多いです。「こんなに優秀な学生って多いのか!」って思うくらいです。LMC東京の就活イベントにも毎回1人はすごく優秀な学生がお越し下さりますね、はい。

実際に私も3人の集団面接で「偏差値お化け」に囲まれたこともあります。笑 当初はそういう学生を目の当たりにしたとき、ネガティブな発想しか生まれませんでした。「やっぱりこういう学生が内定するんだな」とかもろもろ、、、。偏差値お化けで第一印象良し!って学生がいたら、一発で白旗上げたくなります。

 

自分を否定する勇気

でも最近は少し変わってきたような気がします。いわゆる天才君にないもの(一概には言えませんが、、)それが「自分を否定する勇気」です。これがあるからこそ自分の夢・目標を達成する為の改善点を発見できる。

何度も改善点を発見して、その改善点を改善し続けたらいつか自分が優秀だと感じた学生達を追い越せるんじゃないかなって。それ故、LMCも就活塾ではなくビジネススクールとして「社会で活躍する人材を輩出する」と大きく掲げているし、企業の人もそういった伸び代があるか見てるんじゃないかなって、思うんです。

んでんでこれはLMCメンバー全員が持っている勇気であり、強みだと思うんです。「そもそも自分を否定できる勇気を持ってない人はLMCへの入会を決断できてないはず!」だと思います。

いわばLMCメンバーにはそういう共通項があるから、ほんとに良き仲間に思えるんだなって、この就活もし一人で乗り切ることを決断してたら、今頃私、渡辺恭平は現実逃避してアフリカ辺り旅してると思います。ライオンとかに食われてるんじゃないかなって。21歳の早春に感じてます。いま花粉で目が「ポール真っ赤トニー」ですけどね。

自分も目標ひいては夢を叶える為に、良い意味で「自分を否定する」という視点は持ち続けたいなって思います。

Back To Top