skip to Main Content

面接で落選(NG)になる4つのパターン!

学生の皆さん、面接で落ちる理由って何だと思いますか?就活はお祈りメールかサイレントお祈りなので、面接で落ちた理由がわからないんです。そこで、採用経験者として人事部、面接官目線の「面接に落ちた理由」を解説しますね。落選の理由は主に4つに部類出来ると思います。
SONY DSC

面接で落ちた理由は4つに分類できます!

・他者との比較
・コミュニケーション力不足
・志望動機から熱意が伝わらない
・自己分析が足りない

これから、解説していきますね。

他者との比較

面接をして優秀であれば全員採用するって会社があれば嬉しいのですが、そういう会社ってないですよね。数多くの学生さんが優良企業を受験します。採用人数は限られているわけですから、受験した学生さんの中で優秀層を絞り込んで、その中で比較検討して内定を出します。ですから、学生さんにとって手応えがあっても面接で押してしまうことがあるのは、そのせいなんですよね。常に比較検討されているんだと意識して、他者とどう差別化していくのかをしっかりと考えていくことが重要になります。

コミュニケーション力不足

これは致命傷です。どの企業も1次面接で落ちる人、グループディスカッション(GD)で落ちる人はこれが理由の確率が高いです。根本的にコミュニケーション力が不足しているので第三者に確認してもらい、指導をしてもらった方がいいと思います。自分でお思い悩んでいる間に就活は進んでしまいますので。
おそらく、「何言ってるかわからない」「会話が噛み合わない」って状況なのだと思います。そういうコミュニケーションを許してくれていた環境から脱しないと改善されないと思われます。実際、この理由が面接で落ちる一番の理由だと思います。つまり、まともにコミュニケーション出来る学生さんが非常に少ないということですね。

志望動機から熱意が伝わらない

これは2つの意味があります。
・志望動機がやっつけだと感じました。
・熱意がこっち(人事側)にも沸きませんでした。

「志望動機がやっつけって、どんだけ自己分析、企業研究出来てないの?」が人事の本音です。「熱意がこっちにも沸きませんでした」は副産物ですね。自己分析・企業研究が出来ていないのですから、人事がそう思ってしまうのも、仕方ないですよね。自己分析・企業研究は、人事が求めるベーシックな能力なんです。せめてここくらいは、しっかりやりましょうね。ココができていないと、他のこともやっつけでいい加減な人だと思われてしまいます。

自己分析が足りない

これ、「自分の事くらい、自分の言葉で話そうよ」が人事の本音です。自分の長所・短所、やりたい事などを面接では聞かれると思います。長所や強みは、具体的なエピソードを踏まえて、話せばいいのです。そして、それらの長所や強みが、やりたい事にどうリンクしたのかを話せばいいのです。こうやって客観的に考えると、簡単なことのように思いますが、人事部曰く、「90%以上の方は、満足な回答が返ってこない」と思っているそうですよ。

 

まとめ

入りたい会社→やりたいこと→自己分析
この流れで自己分析している方が多いですね。逆だと思います。

自己分析→やりたいこと→入りたい会社
このように考えて文章を組み立てると、人事部や面接官の方ともスムーズにコミュニケーションがとれると思いますよ。

Back To Top