skip to Main Content

【福岡19卒:くだらないことワーク】今回は辛い試練を乗り越えた仲間との絆を深めると共に、助け合いの精神を学ぶというテーマのもと九州脱出を行いました。

はじめに

先日、福岡19卒のメンバーでの初めてのくだらないことワークを行いました。

「何事も全力でやる」というLMCを体現した企画です。
LMCの雰囲気を感じていただければ幸いです。

九州脱出!!

こんにちは!19卒西南学院大のあやめです。

今回、私たちは「九州脱出!!」という大学生ならではの時間と体力を限界まで費やす企画に挑戦しました!

ところで、九州脱出とは?と言いますと、19 卒の福岡メンバーが九州産業大学前駅(福岡市東区)から関門トンネルの県境(北九州市門司区〜下関市)を目指しひたすら歩いて歩いて歩きたおすという企画です!!なんとその目的地までの総距離は、約60km!かかった時間は約 24 時間!
辛い試練を乗りこえ仲間との絆を深める共に、助け合いの精神を学ぶというテーマのもと行われたこの企画…

はたしてメンバーは無事ゴールにたどり着けるのでしょうか?

内容

2016年6月16日。九産大前駅のファミマに集合。

動きやすい服装に着替え、これから「歩くぞ!」と気合い充分のメンバー。

夜から出発したので、気候も涼しくて過ごしやすく、みんなやる気満々です。

1

この写真はファミマ前で仲良くなったおばあちゃんに撮ってもらったものです(笑)

今回のくだらないことワークでも素敵な出会いがたくさんありました。

2

20:00出発。長い長い道のりがスタートしました!

車班(救護車)と歩き班に分かれて元気よく出発。最初は、みんなで歌を歌いながら歩いてノリノリです。

そのテンションでこの先もつのか…?(笑)

3

in宗像〜赤間。休憩中の様子。

水分補給をしたり、写真を撮ったりしています。

そろそろお腹も減ってきたころなので、ここらへんで夜食をはさみます。

4

誰かがカメラを向ければみんなが集まってきます(笑)

まだまだみなさん余裕ですね。

5

深夜になっても相変わらずのハイテンション。

夜の涼しいうちに歩く距離を稼ぎたいところです。

6

深夜をすぎメンバーに疲れが見えはじめたころ、音楽を鳴り響かせながら近づいてくる一台の車が…

なんと先輩方がお菓子と飴の差し入れをしてくださいました!(心強い…!!)

7

朝になりました。

夜通し歩きつづけたメンバーの眠気と疲れはいよいよピークに…!!休みながら先を急ぎます。

8

in北九州 八幡。ついに北九州に入りました!!

日中になりどんどん気温が上昇していくに伴いメンバ ーの体力は減少していきます。

それでもカメラの前では笑顔をたやさないメンバー。さすがです!!

でも、中には倒れてる人も…

11

in北九州 小倉。道のりも半分をきりました…!!

もう少しと思えば思うほど遠く感じられる距離。

ここが一番メンバーにとって辛かったのではないでしょうか。

12

門司までもう少し…!頑張れ!

13

in北九州 門司。

海が近づいてきました!体力の限界も近づいてきます!

だけど、楽しむことを忘れないメンバー。

頭の中では、某テレビ局の 24 時間マラソンのエンディングテーマ曲が流 れだします。(笑)

みんな負けないで!

14

門司のとあるコンビニで、メンバーが睡魔と疲労と戦 っています。

みんな限界はとっくに過ぎているはずなのに、必死に最後の力を振り絞ります。

15

陽も傾きかけたころ、ようやく関門トンネルの入り口までたどり着きました!

夕暮れをバックに関門橋の絶景がご褒美のように私たちを待っていました。

16

ここをくぐれば、ゴールまでは目と鼻の先!

ここまで歩いた達成感とこの企画がついに終わってしまうという寂しさが交差します。

17

6月17日20:15。ゴールに到着!!

丸 1 日かけてついにたどり着いた県境!!

全員でこのラインを跨いだときの感動は一生忘れられません!!

感想

今回私たちが挑んだ、歩いて九州脱出という企画に対してみなさんは「くだらない」、「無謀だ」という風な意見を持つかもしれません。

だけど、このくだらないことを「全力」でするからこそ得ることがたくさんありました。その中で、最も学んだ のは、冒頭でテーマにあげましたが、やはり助け合いの精神だったと思います。

誰かほかの仲間が苦しんでいるのを見れば、そっと励ましや気遣いの声をかけたり、助けたり、ということは、本当に自分が辛いときには中々できないものです。

もちろん私たちも最初からそれができていた訳ではありません。

長く過酷な距離をみんなで歩くうちに仲間意識が生まれいつしかこのメンバーでゴールに辿り着きたいという思い高まっていきました。

そ してその結果、自然とメンバー同士がお互いを気遣う行動ができたのだと思います。

この企画を通して、これから先、LMCの活動をしていく中で、もし辛い試練や苦しいことがあっても「大丈夫!私たちはあのきつかった九州脱出をできたのだから。」といってこのメンバーと一緒に励まし合い乗り越え、頑張ってきたいと思いました。

最後に

lmc_logo

 

こんなLMCですが、内定実績は出し続けています。

企業様からも多くの問い合わせを頂けるようになりました。

ありがとうございます。

これからも「社会で活躍する人材を輩出する」というビジョンのもと、コツコツ頑張っていきたいと思います。

ご興味がある方は気軽にご連絡下さいね。

Back To Top