skip to Main Content

【福岡19卒:西南学院大学】頑張ることを馬鹿にしない環境の中で、自分なりのリーダーシップを身に付けることを目標に入会を決意しました。

はじめに

LMC に入会しているメンバーの生の声を紹介しています。

就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾 などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC 入会をご検討の学生さ んの参考になれば幸いです。

今回は福岡 19 卒のメンバーを紹介していきます。

自己紹介

IMG_3171

西南学院大学経済学部国際経済学科3年の小原梨那さん(左)

今回は彼女の紹介者である西南学院大学国際文化学部国際文化学科4年の森なつみさん(右)も交えて座談会を行いました。

入会のきっかけ 

――お二人はどんな関係ですか?

小原:森さんは大学のバレーサークルの先輩です!

中高で吹奏楽をやっていたのですが、大学ではバレーボールサークルに入り、そこで知り合いました。

――そこでの小原さんから見ての森さんの印象はどのようなものでしたか?

小原:いつも優しくて、後輩にも偏りなく接してる感じでした!

――森さんから見て、小原さんはどのような印象でしたか?

森:素直で後輩らしさもありつつ、先輩たちに対してあいさつとかしっかりしてて礼儀の正しい子だな、って思ってました。

――森さんは、そんな小原さんをなぜLMCに誘ったのですか?

森:小原さんとはサークル以外で関わったことはあまりなかったのですが、海外インターンに行ったり積極的なところもあり行動力があるな、って思ってました。

実際に二人で話してみたら将来のことも真剣に考えていたので、本気で仲間と高め合えるLMCの環境があればもっと小原さんのためになるのではないか、と思ったからです。

――初めてLMCにイベント来た時の印象はどうでしたか?

小原:想像してた雰囲気とは違って、アットホームな感じでした。

同期の19卒も先輩方も仲の良い感じで、だけどその中でもしっかり自分の考えを持っている雰囲気が伝わりました。

ちょうど3月頃だったので、就活中でスーツ姿の先輩もいらっしゃったのですが、就活が楽しい!と言っていたことにびっくりした印象があります。

――入会の決め手はズバリ、何でしたか?

小原:座談会で先輩方と話したことですね。

話しの中であった、就活も楽しく終えて、その先に社会人になった時に成長した自分でいたい!というビジョンに共感したからです。

IMG_3012

入会後の変化

――では、そうして入ったLMCですが、小原さんにとってLMCってどんな場所ですか?

小原:周りを気にせず行動できる場所ですね。

まず、周りがどんどん自分の意見を発信しているので、自然に自分の考えも言えるし、頑張ってもバカにする人がいない、っていうのは思います。

森:本当にそれはあるね。逆に思ってても言わないっていうことのほうがもったいない、ということを学べるところです。

――LMCに入会してからの変化はありますか?

小原:目に見えた変化はまだないと思うんですが、自分の気持ち的には変わったと思います。前までは考えてても言えなかったり、動かなかったりっていうことがあったりしたけど、動かないと!と感じて今活動している感じです。

入った当初は、19卒で初期に入ったメンバーをはじめ、周りがガツガツ動いているのを見て、焦りもあったので。

――周りに影響された部分もあるんですね。では逆に森さんから見て、LMCに入会してから小原さんの変わったところはありますか?

森:慣れてくるにつれ分からないことを積極的に先輩や私に聞いてきたり、イベントのリーダーやっていたりと、以前より積極的なイメージになりました。

サークルでは見れない仕事モードの小原さんを見れたな、という感じです !

今後の目標

――LMCでの今後の目標はありますか?

小原:自分にあったリーダー性を見つけて、頼られる人になりたいです。

もともと皆の前に出ることがなかったんですが、そういう時に常に先頭に立ってる人っているじゃないですか。その人達を見て、やっぱりかっこいいなって憧れがあるので、自分もそういう力を身につけていけるようにしたいです。

森:かっこいいなって思うよね。LMCではそういうリーダー経験のできるチャンスがたくさんあると思うので、その中で自分のリーダーシップっていうのを見つけていってほしいな、と思います。

IMG_3004――では、最後にお互いにメッセージをお願いします!

小原:就職では東京に行かれるって聞いたから、自分もその後を追えるようにこれからも活動を頑張ります!

森:いろんな経験していろんな可能性を考えてみてください!私も全力で応援します!

――ありがとうございました!LMCでも良い先輩後輩のままこれからも頑張っていってください!

Back To Top