skip to Main Content

【福岡19卒:福岡大学】日々切磋琢磨し合う熱い仲間と信頼できる先輩に惹かれて入会を決めました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

20170718_133935047_iOS

福岡大学商学部経営学科19卒の長門航平さん(右)
今回は彼の紹介者である福岡大学経済学部経済学科18卒の飯野稔隆さん(左)も交えて座談会を行いました。

入会のきっかけ

━━まずお二人の関係を教えてください。

飯野:大学で入っている部活の先輩と後輩です。

━━飯野さんから見た長門さんはどのような存在ですか?

飯野:部活の時ではガンガン前に出て色々しているという訳では無いんですけど、実は裏で色々動いているなといった印象ですね。というのが、部活だけしかしてないのかと思ったんですが実はキャンパスコレクションのスタッフをしていたり、先輩と積極的にご飯に行ったりしているのを見てそう思いました。

━━LMCのことはどのように知ったんですか?

長門:LMCのTwitterを見て知りました。興味があったのでイベントに申し込みメールをして、返信が届いたんですがそのメールの送信者が偶然飯野さんで、部活の先輩だったのでビックリしました。そこで更に飯野さんへ色々とお話を伺いました。

━━実際LMCのイベントに来てみてどうでしたか?

長門:初めての環境で、ただ大学生活を送っていても出会うことの無い環境にとても惹かれました。

――具体的にはどのような環境だったのですか?

長門:皆がそれぞれ具体的な将来の目標を持っていて、それに対して熱く仲間同士で語り合い、日々切磋琢磨しているのが伝わってきて凄いなと思いました。

━━LMCに入会しようと思った決め手は何だったんですか?

長門:一番の理由はLMCにいらっしゃった、という事ですね。信頼出来る先輩が所属しているのであれば間違いないだろう、という事です。

━━実際にLMCで活動している飯野さんを見てどう思いましたか?

長門:本当に愛されてるな、と思ってます。飯野さんがいると場が明るくなりますし、先輩同士で良い関係が築かれているんだなといつも思います。
飯野:なんだか恥ずかしいですね(笑)

入会後の変化

20170718_133852469_iOS

━━入会後の長門さんの変化を教えてください。

飯野:最初緊張しているように見えて大丈夫かな?と思う事はあったんですが、イベントでの幹事をテキパキとこなし積極的に発言している姿を見て凄く良いなと思いましたね。

━━長門さん自身が思う入会後の変化を教えて下さい。

長門:今まではどちらかと言えば裏方役に徹する事がほとんどでした。ですが今はまだ完璧に行動に移せているわけではありませんが気持ちの面が大きく変わりました。

――具体的にはどの様な事ですか?

長門:積極的に発言するメンバー負けてられないと思う気持ちが出てきた事です。この環境に身を置いたからこその変化だと思います。

今後の目標

━━では、これからの目標を教えてください。

長門:私はマイペースな所が多く、まだ私自身の事についてしか考えることが出来てないので、周りの人の事を見る余裕が持てるようになりたいです。

━━では、その目標を達成するために、身につけたい事はありますか?

長門:周りへの気配り、気遣いができる力を身につけたいと思います。

━━飯野さんは長門さんにどんな人になってほしいですか?

飯野:裏で支えるっていうのも大切だとは思うんですけどここでは前に出るチャンスが沢山あります。だからそのチャンスを掴んで積極的に行動出来る人になって欲しいです。

お互いへのメッセージ

20170718_133831372_iOS

━━これから就活が始まる長門さんにアドバイスお願いします。

飯野:自分が本当にしたい事を見つけるってまだハッキリとはわからないと思うんです。だからこそ自分をしっかり見つめ直して「自分とはどんな人なのか?」という事をどんどん考えて欲しいです。大変な事もあると思うけど頑張ってね。
長門:ありがとうございます。

━━ではこれから社会人になる飯野さんへのメッセージをお願いします。

 長門:今のまま、先輩からも後輩からも慕われる、皆に愛される飯野さんのままで頑張って欲しいなと思います。

━━ありがとうございます。これでインタビューを終わります。

飯野長門:ありがとうございました。20170718_133923015_iOS

最後は何やら二人で仲良く考えるポーズです(笑)

飯野さんの様な愛される先輩目指して頑張ってください!

Back To Top