skip to Main Content

【東京19卒:慶應義塾大学】憧れの先輩のように、熱いコミュニティでとにかく成長したいと思いLMCに入会しました。

はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾などではない違うコミュニティをお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

19卒慶應義塾大学商学部の影田大樹くん(写真左)と、
彼に声をかけた、18卒立教大学経済学部の渥美友梨さん(写真右)の二人にインタビューをしました。

 

入会のきっかけ

――お二人はどこで知り合ったのですか?

影田:高校生の時、東進ハイスクールで大学受験勉強準備をしていて、渥美さんが東進スタッフとして面倒を見てくれたのが最初ですね。
自分も挑戦したくて、東進スタッフに加わって一緒に働いていました。

――なるほど。どうして渥美さんは影田くんをLMCに呼んだのですか?

渥美:一言で言うと、LMCの熱いコミュニティにぴったりだと思ったからですね。
なぜかというと、一つは、影田はチームで何かを頑張ることが好きだろうな、と感じていたから。
もう一つは、東進を辞めた後に何か他の事に打ち込もうとしていた影田にLMCはぴったりだと感じたためです。

――なぜLMCにぴったりであると感じていたんですか?

渥美:東進もチームで動くところなのですが、チームのミッションや目標に対して一番熱くなっていたのが影田だと感じていて
さらに、他のスタッフが、何しよう?ってところで考えが止まっている状況で、影田は“全員のマインドを統一しよう”と必死になっていたのでそう思いました。

――なるほど、LMCをアツい場所にしていこう!としていた渥美さんならではの理由ですね。

渥美:ありがとうございます(笑)

――入会前のLMCに対するイメージはどんなものでしたか?

影田:LMCって、楽しくて、且つ成長も感じられる場所なんだ!って印象でしたね。
渥美さんが就活真っ最中の6月頃誘ってもらったんですけど、大変な時期でも楽しそうに就活やLMCの話をしていて、就活がなぜか楽しそうに見えました。
志望企業も聞いていて、本当に渥美さんはリクルートに受かるのかな?って思っていました。(そんな渥美さんの内定者インタビューはこちら)
でも、常に自信をもって就活をしていて、しかも内定も決めた渥美さんをみて、きっと自分を成長させてくれる場所だとLMCへの期待感が高まりました。

――声をかけられた時にはLMCに入りたいと思っていたのですね。

影田:そうですね。

渥美:はい、即断即決でした(笑)

――嬉しいですね。最初にLeapに参加してくれましたが、その時の雰囲気はどうでしたか?

影田:Leapはメリハリがしっかりしているなと感じました。
渥美さんからはメンバーの特徴とかを聞いていたのですが、Leapイベントにおける先輩方はしっかりと面倒を見てくれそうだと感じました。

――先輩やすでにいた19メンバーの印象はどのようなものでしたか?

影田:テハは既に知っていて、浅井さんは眼光鋭いなと思いました(笑)
先輩たちについては、話していく中でやはり賢い人たちばかりだなと感じました。

――入会する上での一番の決め手はなんでしたか?

影田:渥美さんの存在ですかね。
成長していく渥美さんを一緒にバイトして見ていたからこそ、入会したいなと思いました。
Leapの初回参加した時から入ろうとは思っていて、きっかけというよりは着々と入会意思が強くなったと感じています。

渥美:確かに私は事あるごとにLMCの話をしていましたし、きっと楽しそうだったんだと思います(笑)

影田:ただ、ネックとしてゼミの忙しさはありました。

 

入会後の変化

――では実際に入会して勉強会やイベントの運営などしてみてどうですか?

影田:1つ思うことは本当に先輩方が優秀であるということですね。
寺本さんはいつもGDの講評をしてくれてすごいとおもいますし、小塚さんも一度GDに参加してくれた時のスピード感を見てすごいと思いました。
上が沢山いるので頑張り甲斐があります。

――同期の雰囲気気はどうですか?

影田:最高ですね。
みんな素を出せる、表面上じゃない家族みたいな繋がりが持てるのでとても好きです。

――社長や先輩への印象はどうですか?

影田:社長はオンオフの切り替えがすごいと思いました。
ちゃんと指摘して頂けるので、とてもありがたいです。
先輩方は、就活終わってからも僕たちの成長のために教えてくれているので、そんな先輩方がいる環境が嬉しいですね。

――LMCで、ここ意識していこうと思うところありますか?

影田:礼儀とかですかね。
小塚さんが直接的に言うわけではないけど自然に身につくと聞いていたので社会人になる前に学びたいと思っていました。

――では、LMCに入会してから現時点で学んだ事はなんですか?

影田:論理的思考力ですね。
寺本さんが“実は自分にも論理的思考力の基礎があった”って事を気づかせてくれたんです!
それがすごく自信につながったことも含めて、ですね。
自分のネックだと思っていましたが、ここからもっと伸ばしていけると前向きに思えましたね。

――渥美さんからみて、影田くんの変わったと思うところはありますか?

渥美:話す前に考えるようになったなって思うな。
パッションはあるから、思ったことを人に伝える力は元々あったんだけど…。
LMCでロジカルシンキングを学んで訓練する事で、どんな順番で伝えればいいのかっていうのを考えられるようになったなって思う。

――渥美さんからみて、影田くんの良さはなんですか?

渥美:自分にも周りにも真っ直ぐにぶつかっていくところですね。
嘘がつけないし、相手のためを思ってなんでも言ってしまうところがあって、周りからはそこがアツいなって印象になるんだと思います。

――影田くんからみて、渥美さんはどのような印象ですか?

影田:渥美さんは出会ったはじめの頃より、自信がついてイキイキしてるなって思います。

 

 

今後の目標

――今、1番頑張ってる事は何ですか?

影田:ホットスポットづくりのための集客ですね。
役職は人を変えるって言いますけど、本当にそうだと思います。
集客部課長になってから、途端にみんなを動かさないといけない立場になったので、すごく考えるようになりました。

――今後、どうしていきたいと考えていますか?

影田:あいつすごいなって思われるようになりたいです。
ゼミも大変なのに、ちゃんと集客も成果を出しててすごい!って。
その姿勢と発信でみんなを遠隔操作したいと思います。

――具体的にはどんなことを意識しようとしていますか?

影田:目標の数値を全員が意識し続けられるように、自分から発信していきたいです。
史上最大人数っていう目標はマストでやりたいです。

――さらに追加してやるとしたら何かありますか?

影田:自分は集客しか貢献できていないので、まだまだこれからしないといけないことはあるなと思います。

渥美:でも、新メンバーが馴染めているかな?といった気づきができるんだったら、それを率先して、チームみんながLMCを楽しめるような雰囲気作りを貢献できるのではないかなって思います。

影田:雰囲気作りしていきたいですね。

――毎週の勉強会ではどんなこと意識していますか?

影田:常に意識しているのは一番になることで、ワークでも1番いい働きをしたいし、仕事でも1番が欲しいです。
だから集客数も19卒で1位になって小塚さんに認められたのがうれしかったです。

――1番になりたいってアツい想いがある影田くんにアドバイスありますか?

渥美:1番になるにはみんなのことを考えないといけないと思うんだよね。
影田は、LMCに限らず、いままでの人生でたくさん経験してきていろんな成功したから自分にも自信があるし、そこで学んだノウハウを周りを伝えようというのはすごくいいと思う!
でも、自分とはまったく価値観の違う人がこれを言われた時に、どう感じるだろうか?ってところまで考えて、色んな観点から物事を発言できればみんな影田についていきたいと思うし、そこができれば最強の男になれると思います。

 

お互いへのメッセージ

――これから社会人になる渥美さんに何かメッセージをお願いします。

影田:渥美さんはサポーターの能力が高くてそこでリーダーシップを発揮していると思うんですけど、話していると、もっと先陣を切るようなリーダーもしてみたいのかなって感じる時もあるんですよね。
これからリーダーに立つことはたくさんあると思うので、頑張ってください。大丈夫です、渥美さんならできます(笑)

――これから就活する影田くんにアドバイスはありますか。

渥美:自分らしく輝いてほしいとおもっています。これから留学、就活など人生に大きな影響を与えるイベントが待ち受けていると思いますが、自分がどうなりたい、どう成長したいのかしっかり考えて、1つ1つに取り組めたら今のまっすぐで、誠実なパッションさをキープしながらも成長できると思います。常に向上心を持って頑張っていって欲しいです。

――これでインタビューを終えたいと思います。ありがとうございました。

一同:ありがとうございました。

Back To Top