株式会社インフォテクノ朝日
株式会社インフォテクノ朝日
人事部 池田さん
はじめに

この度私たちは株式会社インフォテクノ朝日で現在人事をされている池田さんをお迎えしてLMC単独説明会という貴重な機会を設けていただきました。
このコンテンツでは池田さんへのインタビューを紹介させてただきます。

来訪の経緯

LMC2014メンバーがインフォテクノ朝日に内定したことがきっかけです。LMCでの活動にご理解いただき、わざわざ足を運んでいただくこととなりました。
企業の人事の方と近い距離で話させていただくことで、インフォテクノ朝日への理解が深まっただけではなく、自分たちの活動の意義も再確認できました。

最近はやっている就活支援ビジネスについてどうお考えですか?

いいと思います。全然気にしないですよ。
ただ、内定だけを目指して、ノウハウをかき集めるのはだめですね。そういうことしか教えないのはよくないと思います。自分の将来をしっかりと考え、先の目標に向かって動かないといけないし、企業はそういう風に動ける学生を評価します。内定しか視野に入れていない就活塾に通うことはお勧めしませんね。

株式会社インフォテクノ朝日
LMCでは「論理的思考力」「巻き込み力」「発信力」を鍛えています。社会人にはどんな能力が必要でしょうか?

コミュニケーション能力だと思います。コミュニケーション能力を分解してみると、「論理的思考」「巻き込み力」「発信力」になると思います。よってほぼ同じ考え方ですね。LMCで鍛えている能力は社会に出て必要なものだと思います。

株式会社インフォテクノ朝日
インフォテクノ朝日さんで活躍する人物とは、どんな人でしょうか?

バランスのいい人ですね。「論理的思考力」「巻き込み力」「発信力」のすべてを持っている人。
この中で取り上げるとしたら、「巻き込み力」ですかね。自分の中で絶対に譲れないものがないと人に発信していくこともできないですし。
また、「巻き込み力」の中には周りからの信頼を得られる力も入っています。
仕事をする中で信頼関係は絶対です。信頼関係がなければ、仕事を任せてもらえません。 信頼関係を築くために、対人折衝力やコミュニケーション力、巻き込み力、チャレンジ精神、課題達成力等のヒューマン力が必要です。 そして、相手(個人または組織・会社)からどうすれば信頼を得られるかを考えることで、自然と相手の立場で考えることが習慣化されたり、他より良いサービスを提供する発想が生まれてくると思います。
当社で活躍している人物は、上司からも下からも信頼されている社員が多いですね。

株式会社インフォテクノ朝日
盛って自己PRを作っている学生はわかりますか?また、わからなかった場合、素直に自己PRをした学生と入社後に実績の違いはでてきますか?

気付くことが多いと自負しています。見抜けない場合は本人の能力が高い場合が多いです。
よって、嘘を突き通せる人はそれなりの能力を持っているので、入社時はほかの学生と差は出ません。
しかし、自分のことを素直に話せる学生には伸びしろがあります。素直に自分を受け止め、自分について話せる学生には、上司のいうことも素直に聞いて実践できる学生が多いですからね。よって後々ミスマッチが起きて辛くなる場合が多いです。素直に話したほうが自分のためにもなりますしね。素の自分で内定するように鍛えておくことが長い目で見て就活に成功する秘訣かもしれません。

株式会社インフォテクノ朝日