リーダー経験や仲間との本音のコミュニケーションなどをLMCで学ぶことで、今まで自分になかった自信を身に付けることで、福岡銀行に内定を決めました。

リーダー経験や仲間との本音のコミュニケーションなどをLMCで学ぶことで、今まで自分になかった自信を身に付けることで、福岡銀行に内定を決めました。

T.Yさん
出身大学 福岡大学
内定先 福岡銀行
どうしてLMCに入会しようと思ったのですか?

大学に入学してから、バイトとサークル中心の生活をしていて、ただ何となく過ごして時間だけが過ぎ去っていき、いつの間にか大学生活の半分を終えていました。
そして、私の中に就活に対する漠然とした不安がこみ上げてきました。

そんな時にゼミの先輩からLMCの活動について教えてもらい、興味を持ちイベントに参加し、「ここで今動かないと、絶対後悔する!!」と考え、すぐに入会しました。

LMCに入会して、自分の中で変化したことはありますか?

私はとにかく自分に自信がなくて、自己分析をした時も一人では自分の長所を見つけることができませんでした。
ですが、LMCのメンバーと話をしたり、講師の小塚さんと面談したりしていく中で、自分が短所だと感じていたところが見方を変えることで長所になると気づくことができ、それが強みだと知ることができました。

私は、先頭に立ってリーダーシップを発揮し、引っ張っていくというタイプではなくて、どちらかといえば、サポートをするタイプの人間なのですが、そういうサポートの役割を果たすリーダーも組織になくてはならない存在だとLMCに入って知ることができました。

就活中に壁にぶち当たったことはありましたか?また、その壁をどのように乗り越えましたか?

正直、就活が始まってすぐの間は、“就活”が分りませんでした(笑)
最初に受けた企業の選考では、今まで勉強会で行ってきたGDは通過することができたのですが、二次選考の面接では自己分析が足りず、面接官に自分の言葉で伝えることができませんでした。

そのため、その後の企業の人事の方からのフィードバックでも最低の評価で、選考も通過することができませんでした。
その時は、自己分析・面接練習をしていなかったことを後悔しました。

終わったことは愚痴を言っても仕方なくて、切り替えるしかないとは分かっていたのですが、自分の中で気にしていました。

そんな時に、同期のメンバーと飲みに行ったり、社長の小塚さんと話したり、先輩からのサポートもあったりして、次に向けて切り替えて頑張ることができました。
そういうLMCでのコミュニケーションが自己分析にも繋がって、結果的に就活の壁を乗り越えることができました。

LMCではない他の大学の友人の就活の様子はいかがでしたか?

2月、3月にバタバタしながら、学校主催の無料のセミナーに行っているようでした。

その頃には自分は、LMCで自己分析などをして、就活の準備は大体終わらせていたので、自分の方が先に行けている実感はありました。

最後に、LMCの魅力をお願いします!

本音で話せる仲間と、本気になれる環境が整っていることです。
将来の話とかって、学校の友達とかと気恥ずかしくてあんまり、話せないんですけど、LMCにいるメンバーは「社会に出て活躍する人材になる」というビジョンに向かって一緒に頑張っている人たちなので、将来について熱く語り合うことができます。

また、社会に出ていく中で自分の仕事が合っているのかどうかを見つめ直す環境っていうのは大学内ではなかなかないと思うので、LMCという環境に感謝しています。
この環境のおかげで、これから働いていく際に、自分の軸がぶれることなく仕事がしていけるのではないかと思います。

ここでの経験をこれから社会人として頑張っていくための自信にしていきます。