今までのように大学生活の中で頑張りたい!という思いからLMCに入会し、自分なりのリーダーシップを身に付けたことでMS&ADシステムズに内定しました。

今までのように大学生活の中で頑張りたい!という思いからLMCに入会し、自分なりのリーダーシップを身に付けたことでMS&ADシステムズに内定しました。

N.M
出身大学 西南学院大学
内定先 MS&ADシステムズ
——就活を終えての感想を教えてください。

 濃い三ヶ月間だったな、と思います。
私は最初から業界を絞っていたわけではないので、色んな業界に目移りしてしまうこともありましたが、逆に仕事選びの軸を見つめ直すみ機会にもなりましたし、自己分析をLMCのメンバーと何度も何度もやったりして、納得のいく仕事選びができたと思います。
そういった面では、LMCの活動の中で就活の始まる前からそういった将来を見越した仕事選びの考え方をできるようになっていたのも、良かったと思います。

今までのように大学生活の中で頑張りたい!という思いからLMCに入会し、自分なりのリーダーシップを身に付けたことでMS&ADシステムズに内定しました。
——では、入会のきっかけはなんですか?

 LMCを知ったきっかけは、大学のサークルの先輩からの紹介でした。
中学高校で部活をやっていたり、いつも組織の中で何かに頑張りたいというタイプで、大学になってからはサークルやバイトもしていたのですが、やっぱり周りとの温度差を感じていました。
なので、先輩から聞いた、”LMCのみんなが本気で頑張るという場所“だと言うところに魅力を感じました。
また、もともと自分が自分の意見を周りに発信するという経験がなく、もっと色々な経験をして仕事の中で役に立つ人間になりたいと思って入会を決めました。

――そうして入ったLMCで身についた力はありますか?

 以前よりは、周囲に発信したり、自分で考える力がつきました。
先ほどもあったのですが、私はもともと発言することや、先頭に立ってリーダーシップをとる、ということが苦手でした。
LMCの活動の中でも、どちらかというとサポート役に回ることが多くて、自分に向いていることを自覚出来たのは良かったのですが、やっぱり仕事で評価されることを考えた時に、自分をアピールすることも少なからず必要だと感じました。
そこで、今まで苦手だった、自分から発信することや、皆の前で意見を言ったりすることを心がけるようにしたところ、周りからも「変わったね!」と言われるようになりました。

――周囲から気付いてもらえるのは嬉しいですね。具体的にどういう活動の中でその力が身についたのでしょうか?

 LMCには会議をする機会や、イベントを運営することがあります。
その際、気付いたことがあれば、言うようにしたり、率先して動いたりしました。
以前の自分は思っても言えなかったり、考えてからしか行動できなかったので、そういう行動を重ねることで変われたのかな、と思います。

――LMCで印象的だったことはありますか?

 バイトでは経験のできない、社会人のレベル感を実感できたことですね。
LMCって、例えばイベントや勉強会の出席だったり、仕事のスピード感だったり、いろんなところでバイトやサークルではこれくらいでいいかな、って思えるようなこともどんどん指摘されるし、時には怒られることもあります。
しかし、そのおかげで、「社会に出るとこういうことをしたらダメなんだ」「仕事で認められるにはただやるだけじゃなく、いかに早く良い結果を出すかなんだ」という風に、社会人のレベル感を実感できましたし、自分も現状で満足せず、より良くすることを意識し続けることができました。

今までのように大学生活の中で頑張りたい!という思いからLMCに入会し、自分なりのリーダーシップを身に付けたことでMS&ADシステムズに内定しました。
――就活を終えてみて、苦労したことなどはありましたか?

 ありますね。最初、軸を考えて今の内定先とは違う業界を中心に就活していたんですが、やっていくうちに、軸がしっかりしていないことに気づきました。
本当に送りたい生活を送るために今の業界、企業選びで大丈夫なのかな、と考えて、途中でたくさん悩みました。

――それをどう乗り越えていったんですか?

 LMCって毎週月火に勉強会をやるんですけど、就活の時期ってそれ以外にも一週間のうちほとんどオフィスにだれかいるって状態で。
自分の軸にふらついたりするときはオフィスに行ってメンバーに詰めてもらったりしました。
そうしていくことで、より自分は将来なにしたいんだろう?っていうことを考えることができました。
途中から業界がガラッと変わったんですが、その業界を先に受けていた人に、わからないことを教えてもらったり、電話で相談を受けたりしてもらいました。
そうした友達の助けがあってこその就活だったと思います。
そういったことから、メンバーが受かったのを聞いたときは本当に心から嬉しかったし、逆に自分が受かった時にはお祝いの言葉を送ってもらったのもとても嬉しかったです。

――LMCの魅力を一言でお願いします!

 自分の十年後、二十年後の将来を仲間と本気で考えれるところだと思います。
正直、LMCに入っていなかったら東京に行こう、なんて思わず、周りに流されて地元九州で就職していたと思います。
自分が中途半端にこれでいいや、と思ってしまうタイプだったというのもあって。
だけど、いろんな選択肢を考えた後に決めれた答えなので、後で考えても後悔しないかな、と思います。
あと、メンバーがやっぱりちゃんと自分の意見を持っている人が多くて。
飲み会とかで時々語り合ったら、あ、こういう考えの人もいるんだな、といろんな人の考えを知れるのが面白いです。
この人のこういう部分は尊敬するから一つの目標にしよう、と思ったりもして、刺激を受けることも多かったです。

――今後(社会人)の目標とそれに向けてLMCで学んだことをどう活かしていきたいですか?

 社会人になっての目標は、やっぱり同期の中でもこいつ、使えるな!って思ってもらえることです。
自分は要領が良いタイプではなくて、だから社会で活躍するためには実践して経験を積むしかないと思っています。
なのでLMCでは、実際の仕事だと思って、これからの活動でもどんどん仕事のスピード感をあげたり、ノウハウを学んだりしていき、一人前の新人になりたいと考えています。

――19卒へメッセージをお願いします。

 人生の大切な選択を目の前に控えた今、将来に向けて動き出すことは、将来の自分にきっと感謝されることだと思います。
どんなことでも、少しでもやりたいことがあれば、どんどんチャレンジしていってください!

――ありがとうございました。これからも、LMCで身に付けたリーダーシップを社会人になっても発揮して頑張ってください。