何もない大学生活で終わりたくない、とLMCに入会した彼女は、LMCで見つけた自分の強みである「全力さ」をモットーに、就活を駆け抜け、マイナビに内定を決めました!

何もない大学生活で終わりたくない、とLMCに入会した彼女は、LMCで見つけた自分の強みである「全力さ」をモットーに、就活を駆け抜け、マイナビに内定を決めました!

K.H
出身大学 中村学園大学
内定先 マイナビ
まずは、就活お疲れ様でした!なぜLMCに入会しようと思ったんですか?

私は大学に入学して学校内外でのサークルに所属しておらず、授業を受けてバイトに行ってという生活を繰り返していました。

クラスの友人は授業にバイトにサークルにと充実した生活を送っていて、構内を歩けばサークルの仲間にばったり遭遇して楽しそうに話をしていて、そんな姿を隣で見ていて「何か新しいことを始めたい。
でもサークルに入るには中途半端な時期すぎる。」と思っていました。
また、就活に対して漠然とした不安を抱えていました。

そんな時に高校の友人に声をかけてもらい、自分と他分野のことを学ぶ人たちと「社会に出て活躍する人間になる」という1つの大きな目標に向かって切磋琢磨する環境に憧れ、今何かを始めるならLMCだ!と感じ、入会しました。

活動をしていく中で新しく気づいた自分の強みは何ですか?

LMCで活動しているといろんな人から「いつも何にでも全力だよね」と言われることが多くなりました。
私自身は強みだと思っていなかったのですが、「何にでも全力で楽しんでやろう!」という姿勢は、客観的に見たら強みになるんだということに気づきました。

LMCの活動の中で印象に残っていることは何ですか?

そうですね。
一番印象に残っているのは自分が幹事を務めた“書初め大会”ですね。
まず新年最初のイベントで何をするか企画の話し合いから始まったんですけど、学生の自分たちでそういった話し合いから準備、当日の運営、反省会まで全てをすることが初めてだったので大変でした。

準備は万全だと思っていましたが、いざ当日になると準備物や段取りの準備が不十分だということがボロボロでてきました。
このことからあらゆる事態を想定してどんなことにも対応できるように準備をしっかりすることの大切さを学びました。

他にもこの書初め大会で学んだことは沢山ありますが、これは大人数を動かすイベントの漢字を自分たちでできるLMCだからこそ学べたことだと思います。

就活でぶつかった壁をどうやって乗り越えましたか?

一番の壁は視野が狭かったことです。
私は栄養科学部に所属しているので初めは食品業界ばかり考えていました。
しかし、何で食品なの?と聞かれると栄養科学部だから・・・としか答えられませんでした。

私は栄養科学部だから食品業界しかないと自分で視野を狭めてしまっていたのです。
栄養のことを学びたくてこの学部に入ったけど、果たしてそれを仕事にしていきたいのかと言われれば「いいえ」でした。

そこで私は視野を広げるため、いろいろな業界を調べ、LMCのメンバーにも沢山教えてもらいました。
他にも自己分析でつまづいたとき、LMCのメンバーは私の話を真剣に聞いてくれ、一緒に自己分析をしてくれました。

LMCの魅力はなんだと思いますか?

LMCのメンバーは自分が大変な時でも相手のことを真剣に考えて一緒に乗り越えてくれる人ばかりです。
この人のためなら、この人に頼まれたことなら頑張りたいと思える人ばかりです。
それは他では経験できないような大きな壁を何度も一緒に乗り越えた仲間だからだと思います。

机に向かうばかりではなく実践的で自分の価値観を深めれる勉強ができ、信頼できる仲間をつくれることがLMCの魅力だと思います。