skip to Main Content
内定者の声

LMCで自分の強みやスタンスを磨き、全力で就活ができたからこそ、自信をもって”自分に合っている”と言えるセプテーニに決めました。

R.Iさん

1504133133772

R.Iさん

出身大学

慶應義塾大学

内定先

セプテーニ、三菱UFJインフォメーションテクノロジー、その他多数

就活を終えた感想を聞かせてください。

怒涛の忙しさだったけど、仲間とワイワイできて楽しかったです。

行きたいところでも受かったり落ちたりしたけど、結果的にはやりたい環境に就職できたので百点満点ですね。

 

――そう言える就活いいですね。就活やってみて、何が忙しかったのですか?

就活自体がってよりは、就活しつつ遊びつつLMCの活動を全部両立させようとしていて、忙しかったですね。

遊びも全力だったね(

 

――就活とやりたいこと全部、しっかり両立できましたか?

意外とできましたね!ものはやりようだと、思いました。

自分は常に就活に前向きな気持ちだったから、遊びも就活も自分の限界を超えたとしても楽しめました。

要は、メンタルが大事ってことなんだと思うね。

 

――そのメンタルは元々持っていたものですか?

いや、なかった!就活一緒にできる仲間がいたからできたと思います。

大変だったけど、本質を見失わないように方向性示してくれたり、「遼平なら大丈夫だよ」って言ってくれる人がいたから、乗り越えられましたね。

LMCに入った経緯を教えてください。

きっかけは大学同期の寺本とたまたまイベントで知り合って、そこでLMCのIT勉強会に誘われて、興味をもちました。
それで説明会行ってみたら中々面白そうだなって思えて、次の日には入りたいってことを伝えました(笑)
その時、実は全くお金がなかったんだけど、何とかして意地で入りました。

――何て声かけられましたか?
凄く軽い感じで誘われたんだけど、せっかくだし少しでも興味わいたから行くかって思って行きましたね。

――その時は、就活を意識して入ったのですか?
いや、違うかな!ゼミとかと同じ感覚で、とりあえず熱くなれるものを求めて入ったって感じでした。

――どんなところに惹かれたんですか?
人かな!結局、社長にどう活動して行くかって聞いたけど、ロジカルシンキングとか最初は正直わからなかった(笑)
そこで、17の先輩方にも聞いて、飲み会も楽しむし、就活も楽しんでやって、LMCという場を盛り上げていこうって話をして、LMCに惹かれて入ったって感じです!

実際入ってから、自分が頑張ったことを印教えてください。

頑張ったことは、基本的にはホットスポット作りに関する事ですね。
LMCが企業様を呼んで企画するイベントへの参加者を集める時に、ここでNo. 1になろうと頑張りました。

――最初ホットスポット作りを頑張ろうって思った理由はなんですか?
せっかく活動するなら、ポジションとして何かでNo. 1が欲しいって思ってました。
それに、俺は周りがやってなかったり出来てないことに関してアプローチしたいって思っているんですよ。
みんな、ホットスポット作りに対して目標達成できないなって感じていたので、”自分が”って思って動きました。
人脈使って案外できたなって思うし、運良く自分とハマったって感じました。

――どんな意識で取り組みましたか?
とりあえず、イベントをやる以上、人が集まらないのはダメだと思ったし、LMCの事業をどうにかしなきゃって責任感で動いていたかな。
俺が入会したのが遅い時期だったからなおさら、危機感があって頑張りました。

――同期の中では後から入会していますが、焦りなどはありましたか?
たまたま少人数だったからか感じなかったかな。
それにLMCのビジョンとして、みんなでホットスポットを作って、社会人として活躍できる人材になろうってものがあったから、その環境のおかげかな。
ぶっちゃけ、いい人ばっかだったから、自分のキャラを出しやすかったし、面談とか通して大人に評価してもらったってのもよかったです。

――いい環境があったから頑張ろうとできたのかもしれないですね。
本当そうだと思う。
バイトとかそこらのインターンとかでは、多分だけどこんなに熱くフィードバックしてくれることってないから。
LMC特有だと思います。

実際自分が頑張った結果身についたこととかありますか?

時系列で言うと、まず自分の強みが見えたことかな。
強みとか自分なりの組織でのリーダーシップの発揮の仕方がわかった。
例えば、強みは組織の結果に対して自分独自のポジションからアプローチするってことだし、リーダーシップのスタイルとしては、自分が成果を出すことで周りを鼓舞して行くスタイルだなってことを知れた。
それが見えたから、社会に出てからも活かしていけそうだなって思いますね。
自分の強みと価値観ってどんな仕事をしている時も変わらなく持っているものだと思うからね。

――二つ目は何ですか?
2つ目は、物事の本質を見抜く力がついたかな。
自分が責任感もって常に頑張ってきたから、常に頭を使えていたし、その内に本質を見抜く力が育ったと思う。
それもLMCっていう環境あってこそだったと思います。

――ロジカルさを鍛えたおかげですね。
そう、さらに自分の強みとかスタンスを見つけて、それを生かしたポジションを得ることで自信がついたと思います。
そして自信があるからこそLMCのいろんな活動に取り組めるね。
それ以外にも恋愛とかね、普段から色んなことに関しても取り組めてると思う(笑)

――1人ではすぐには身につけられないようなことがLMCでは身についたってことですね。
組織の中で活動していくことと、その中でしっかりとしたフィードバックがもらえるって2つが、LMCの活動を活かす鍵じゃないかなって思います。

1504132530252
S_6757030621294

そういう力が身についたことで、就活に関してどんな影響がありましたか?

まずロジカルさだと、選考に関しては面接で論理的に話せるようになったりGDで1回も落ちなくなったという成果が表れました。
自分に関しては、自己分析で思い込みなどを排除して自分はどんな人間でどんなことに向いているのか考えられるようになったかな。

――他にはありますか?
次に主体性というか前向きさだね、自信がついた影響でなんでも前向きになれました。
選考に1つ落ちてもそこまで気落ちせず、自分はどんなことがやりたいのだろうかとかやるためにはどんな業界が向いているのか考えて、その中から1つ受かれば大丈夫というように前向きに取り組むようになれました。

就活を進めていく中でぶつかった壁はありましたか?

まず、夏の選考では意識がとても低く自分はどんな人間かという自己認識能力もなくて、どうしていいのかわからなかったですね。
選考も通らなくて本当に辛かったです。
そもそも就活がわからないその状態が最初の壁ですね。

――LMC入会前ですね。その後はどうですか?
その後、冬は自分が何をしたいのかということや軸が分からなくなってきましたね。
本選考中にもありましたが、軸がブレそうになってどうしたらいいのか分からない時期がありました。
面接をしていて、やはり企業の人事は自分に対して突っ込んで来る訳で、それを自分への批判だと感じてしまうと自分の軸は間違っているのかなどとブレてきちゃって。
その他に辛かったことは、選考結果が夜遅くにくるからメンタルに悪かったですね(笑)
夜遅くまで居酒屋とかで携帯を片手に結果を待つのは正直辛かったけど、1人ではなく仲間がいてくれたから何とか乗り切れましたね。

――その中でも1番つらいと感じたことはどれですか?
軸がぶれそうになった時ですね。
面接で批判されたり上手くいかなかったりすると、軸がぶれました。

――自分が間違ってるのかなって思うことありますよね。
そうですね。
面接官に詰められたことに対して、自分のこれまでの考え方が間違っていて、そう考える自分はおかしいのかなって受け取ってしまって。

これらの壁をどう乗り越えましたか?

乗り越え方としては社長に面談してもらって、軸を再度確認しました。
本質的な軸はブレていない事に気がつくことができて安心して前に進めましたね。
小塚さんや他のメンバーに相談して、再確認して自信をつける感じでした。

――話を聞いてくれる人やそのような環境があったからということですね。
そうですね。
自分が考えるよりも周りから評価してもらえると、他者からの評価は絶対だから自信を持てた。

――就活において周りと本音を言い合えないとよく聞きますが、それでも周りを信じられたのはなぜですか?
まぁ本音を言い合える仲間がLMCにいるからですかね。
たまに活動の中でぶつかり合うこともあったし、ぶつかり合える仲間だからこそ信頼できますしね。
後は普段からお互いの軸などを伝え合って、お互いに批判し合ってるからこそ生まれる信頼関係がありました。

LMCの魅力をこれまで活動してきた上で、一言で表すと何ですか?

自分を成長させる機会と環境がある場だなと思います。
しかも楽しくワイワイやりながら、色々と成長できる環境であることが魅力です。

――楽しくっていうのは大切なキーワードでしたか?
大事ですね。
何をやるにおいても誰とやるかって大事ですよね、こんなにも一緒に頑張りたいと思える仲間は他にいないですし。
こんなにも真剣にフィードバックしてくれる大人もなかなかいないですし。

身についたこととして、主体性、考える力と自信の3つを挙げてくれましたがそれらは今後社会人になってからどのように活かしていきたいですか?
加えて、社会人としての目標を教えてください。

周りよりも尖っている部分がある人間でありたいですね。
何かにおいて自分なりの成果を出し続けたいというのが自分の理想の社会人像です。
LMCで頑張り方や自分の価値観をどう活かすかということを学べたから、しっかりここで身につけた、成長させた自分の強みっていうのを発揮したいですね。

――その社会人像に近づくためにどうしていきますか?
自分は職種関係なくどんな場所でも、必ず目的意識をもって結果を出す人間だから、常に仕事をする上で自分がその仕事にどのように関わっていけばいいのかって常に考えています。
LMCでも自分はどんなポジションを担っていけばいいのかなってしていたので、組織を俯瞰する形で考えつつ自分のポジションを見出してまずはナンバーワンの成果を出したい。
成果を出すことで周りから信頼されて、もっと大きなことをやりたいと思っています。

――LMCで身につけたスタンスを生かしつつ、社会人になってもどんどん活躍していって欲しいですね。

これから社会人になるために19が就活をしていきますが、何かメッセージをお願いします。

目先の事にとらわれないことかな。
まずは、目先の就活だけの事に囚われないこと、それはつまりLMCの仕事にしっかりコミットすることです。
LMCでの仕事にコミットすることで学べることや成長も大きいですし、それが最終的には自然と就活において周りをリードするスキルにつながるよね。
まずは社会で活躍するということを念頭においてLMCの仕事にコミットすること!
僕の経験上の話ですが、間違いはないと思っています。

Back To Top