skip to Main Content
内定者の声

何事も全力で頑張れる環境に惹かれLMCに入会し、日々活動することでロジカルさを身につけ、第一希望に内定をもらうことができました。

N.Tさん

d

N.Tさん

出身大学

西南学院大学

内定先

三井情報

――まずは就活を終えた感想を教えて下さい。

自分の納得のいく形で終えることができ楽しく就活をすることができました。
就活がはじまってから、色々なことがありましたが、終えた今考えるととてもあっという間だったと感じています。

――楽しく就活していけた秘訣などはありますか?
私はLMCのメンバーと東京に行って就活をしていたので、面接前に会場の近くで話したり練習し合ったり、面接の後は皆でご飯に行ったりなどして頑張る中でもメンバーと気分転換をしていたので楽しく就活できました。

――そもそもLMCに入会したきっかけというのは何ですか?

私は、中学・高校は強豪の部活動に所属していて日々充実した毎日を過ごしていたのですが、大学ではサークルとバイトというありきたりな生活をしていました。
そんな毎日に物足りなさを感じていてサークルの先輩に声をかけてもらい、イベントに行ってみることにしました。

――実際イベントに行ってみてどういう印象を受けましたか?
学校とは違う仲間たちと”社会で活躍する人材になる”というビジョンのもと切磋琢磨しながら、何事にも全力で活動している先輩方や同期の姿を見て私も一緒に楽しく頑張っていきたいなと思い入会しました。

ds
sddsx

――LMCで身についた力を教えて下さい。

論理的に話す力がついたと思います。
入会した当初は論理的に話すことが苦手だったのですが、イベントで参加者の人と話したり、勉強会の会議などの活動を通してどんな風に話したら相手にわかりやすく伝えることが出来るのか、など試行錯誤を繰り返しました。
そうすることによって、力を伸ばしていくことができたと感じています。

――活動をしてく中で自然に身についていったのですか?
そうですね。
様々なイベントに参加したり勉強会でメンバーと話すことによって身についていきました。
また、様々なメンバーがいる中で話し合いをしたりするため、自分が発言するばかりではなく相手の意見をしっかり聞き、理解する力も身につきました。

――LMCで頑張ったことを教えて下さい。

私は活動の1つである営業活動を頑張りました。
とりあえず行動するということを意識して、はじめは質より量という感じで活動していたのもあり先輩や社長にたくさん指摘され失敗を繰り返しました。
しかし失敗を繰り返し、壁を乗り越えていったことで質を上げることができ、PDCAサイクルを回すといういい経験ができたなと思います。

――就活中にぶちあたった壁はありましたか?

将来自分がやりたいことや軸が定まらずに業界が絞れませんでした。
その時にすごく迷走したのが一番の壁でした。
一人で考えていてもなかなか前に進めず、面接でもうまく話せずに落ちてしまったことです。

――それをどう乗り越えてきましたか?
一緒に活動してきたメンバーが親身になって相談に乗ってくれたり、自己分析を手伝ってくれたりして乗り越えることができたと感じています。
ずっと一緒に居たので自分もわかってなかった長所や短所もズバッと言ってくれたりして(笑)
自分でもしっかり自分自身を見つめ直すことができたし、それを伝える練習をメンバーとし、その後の面接はスムーズに進むことができました。

――LMCの魅力を一言でお願いします!

ずばり本気の仲間がいることです。
私は就活を東京ですることが多かったので、慣れない土地での就活はすごく不安でした。
しかし、メンバーの誰かしらが東京にいたので面接が終わってからメンバーに会えたときの安心感は本当に凄かったです(笑)
落ち込んでいるときも飲みに行ったりなどして、周りの友達のおかげでとても助けられました。
そのように本気で話せる仲間がいる環境っていうのは本当に魅力だと感じています。

――社会人としての目標を教えて下さい!

受け身ではなく、当事者意識を持って行動する、というのを常に意識して社会で活躍していきたいです。

――LMCで学んだことをどう活かしていきたいですか?
活動やイベントを通して、人任せにするのではなく自分も当事者意識を持つことの大切さを実感したので社会に出ても心がけていこうと思います。

――今の19卒のメンバーにメッセージをお願いします!

今している小さな仕事のひとつひとつが普通の大学生活では味わえない経験だと思います。
とりあえず行動するということを大切にしてください。
そして今のうちにたくさん失敗してたくさん怒られて、その貴重な経験を糧に大きく成長できるよう頑張ってください!

Back To Top