skip to Main Content
内定者の声

レベルの高い環境で好奇心を強く持ち、仲間と全力で自分を磨き、日本IBMに内定することができました。

S.Aさん

sato

S.Aさん

出身大学

慶應義塾大学大学院

内定先

日本IBM、アビームコンサルティング

エルエムシーに入会したきっかけを教えてください。

エルエムシーに入会した理由としては二つあって、一つ目は仲間や友達が欲しいということで二つ目は自分の能力やスキルを向上させたいという想いがありました。
仲間が欲しいというのも、僕自身大学院から上京したということもあり、就活やプライベートも含めて友達や仲間がいれば、その先の二年間が有意義に過ごせるかなと思いました。そんな時に友達の紹介でエルエムシーを知り、入会しました。

――理系の大学院生って論理的思考力あるイメージですけど…(笑)
スキル面に関しては、確かに数学をやっいるので物事に対して仮説を立てて考えてそれを立証していく癖はついていたと思います。しかし、それらを相手に伝える能力については全く自信がなくて、欠けていたと思います。

ーーご自身にぴったりの環境だったんですね!エルエムシーで一番印象的な事を教えてください。
そうですね〜。もちろん夏旅行や企業イベントなどは印象的ですし、日々の勉強会での活動も印象的ですね。普段の学校では味わえないような体験ができたと感じていますね。その中でも、僕自身は18卒の先輩の存在が大きいなと思います。年は自分の方が上なんですけど、スキルとしては皆がそれぞれ自分よりも上で、目標とする人々がいた事が僕の中で大きかったですね。

ーー追いコンで号泣してましたもんね(笑)
一緒に活動していく中で、先輩というよりも友達みたいな存在だったので…(笑)

では、入会前と現在で一番の変化と感じることはどんなことですか?

やっぱりスキル面ですかね。具体的には、日々みんなで鍛えている論理的思考力においては変化が大きくあるかなって思います。

ーー前までは、現在のようなロジカルおばけではなかったのですか?(笑)
そうですね(笑)前までは一つのことに対して、一方向からからしか物事を考えられていなかったと思います。エルエムシーでの活動を通して、色んな視点から物事を考えられるようになりましたね。

――なるほど…詳しく教えてください!
具体的には、人に何かの考えを伝える際に、その人に合わせて伝えることや相手が聞きたいであろうことを伝えられるようになったと思いますね。

内定につながった要因として大きかったことはどのようなことがありますか?

一番の要因かー。ありきたりになっちゃうけど、好奇心かな。具体的には、何に対しても何でだろうって疑問を持つこと。例えば、関わる人との会話でも「なんでこの人はこんな事を言っているんだろう」とか真意って何だろうっていうのを常に考えていたのかなって思います。

―—好奇心はどのように発動しますか?
人が考えている事が気になるというか、そういうところから物事の考え方は培われていくのかなって思います。全てのベースだと思います。

――好奇心が一番の要因なんですね!
スキル面を伸ばすという時に、好奇心があることで、言われたことをやるだけではなく、自分から気になることをどんどん伸ばせたと思いますね。就職活動の面接においても、相手の質問の意図を考えて、話すようになっていました。

satoru1
satoru3

エルエムシーの魅力は?

いくつかあると思うんですけど、環境のレベルの高さだと思います。人もそうだし、やっている事もレベルもそうだし、その2つの面のレベルの高さが一番の魅力かなって思います。やっている事は実際のビジネスと同じで活動自体がレベルの高いものだと感じています。その環境下で、何かを0から作っていく事で、自分の成長スピードはすごく早いと思いますし、 メンバーも成長意欲高い人や良い人しかいないので、それが励みにもなったりします。

社会人になってからの目標はなんですか?

カッコよく1番になりたいって言いたいけど、そのためにみんなから評価される人間になりたいなって思っています。この仕事だったら浅井さんでしょ、とか色んな人から質問してきてくれたりとか。人に頼られる人になっていきたいなって思っています。

――そのためにはどう行動していきますか?
まず自分に与えられる仕事をきっちりこなし、その上で自分なりの価値を加えられたら嬉しいですね。

最後にこれから就活を迎える20卒に向けてメッセージをお願いします!

時間はまだあるわけだから、この一年をどのように過ごすかをしっかり考えてほしいなって思います。一日一日を無駄にしないためにも、色々な人と接して、色々な人の考えを自分の中に落とし込んで吸収してほしいなって思います。 吸収するにも好奇心が大事になってくると思うから何に対しても気になる、興味を持つっていう気持ちを持ってほしいです。

Back To Top