ネットベンチャーの総合職の内定をもらいましたが、当初から希望していてIT業界の三井情報に入社を決めました。

ネットベンチャーの総合職の内定をもらいましたが、当初から希望していてIT業界の三井情報に入社を決めました。

D.Tさん
出身大学 福岡大学
内定先 三井情報 その他多数
LMCの活動を通して、面接、ESの作成、GD対策で役に立ったことがあれば教えてください。

全てに共通して役に立ったと思うのは、勉強会での日本語ワーク、そしてインターンシップでの会議です。

日本語ワークとは文章の構成にしっかり繋がりを持たせ、相手にわかりやすい文章を作る訓練です。
日本語ワークでわかりやすい文章を作るためのインプット、そして会議での相手へわかりやすく伝えるためのアウトプット、このサイクルを繰り返すことにより、話しながらシンプルな文章を考え、相手に伝えることができるようになりました。

私は東京で就活をしていたので、グループディスカッション(GD)も高学歴の人とすることが多かったのですが、自分の意見をしっかり言えて、負けることはありませんでした。

面接官からのフィードバックにも、話がわかりやすいということは毎回言ってもらえたので、このサイクルのおかげだと思っています。

LMCに入会して自分自身どのように変わったと感じますか?

スタンスが変わりました。

入会する前の自分は行動をする前に、「失敗したくない」とかいろいろ考えてから、やることを取捨選択していました。

しかしそれではダメだと気づかされ、今ではとりあえずやるというスタンスです。

とりあえずやることで、今まで自分が見えていなかったことが見えたり、チャンスが回ってきたりしました。
失敗することもありましたが、とりあえずやることで大きく成長できたと思います。

LMCの活動をする中で強く印象に残っていることはありますか?

野球部での活動です。

LMCには部活動もあります。野球部、フットサル部、筋トレ部、ジョグ部など。

自分は野球部に所属しており、だいたい月に1回は試合をしていました。
LMCは何事も全力なので、試合中もゲキが飛び合い、サークルの野球よりも充実しています。

また、ただ野球をするだけでなく大会を開かせてもらえるなど、違った方向からも関わることができます。
大会は現在進行中でこれからなのですが、今までリーダー経験がほとんどない自分にとっては貴重な経験をしているなと感じています。

ネットベンチャーの総合職の内定をもらいましたが、当初から希望していてIT業界の三井情報に入社を決めました。
就活でぶち当たった壁をどうやって乗り越えましたか?

LMCのメンバーの存在が大きかったです。

自分は東京で就活をしたのですが、これはいろいろな面からみて1つの壁だと思います。

でもLMCのメンバーは東京で就活をする人が多いので、仲間がいて苦になりませんでした。

例え、東京で面接がうまくいかなかったとしても、メンバーと飲んだりしてすぐに切り替えることができました。

最後に、LMCの魅力を一言お願いします。

本気で話せる仲間ができる!です。
九州No1のホットスポットを目指した組織づくりをしてきたので、そういう仲間ができたのだと思います。

「ほんとはこう思っているけど、こんなこと言ったら笑われる。」みたいな風潮ってあったりするじゃないですか。
でもLMCではそんなことはなく、むしろ褒めるという風潮なので本気で話せます。

このLMCの仲間、そして活動のおかげで自分の大学生活は充実したので、今の大学生活に満足していない人には最高に魅力的な場所だと思います!!

同じ内定先の方はこちら
K.Kさん