大学院への進学と迷いましたが、学部卒で就活することを決め、視野を広げるためにLMCに入会し、日本IBMに内定しました。

大学院への進学と迷いましたが、学部卒で就活することを決め、視野を広げるためにLMCに入会し、日本IBMに内定しました。

E.K
出身大学 お茶の水女子大学
内定先 日本IBM
就職活動を振り返ってどうでしたか?

選考を重ねるに連れコツを掴んで行けたように思うので、12月から選考を受け始めていて良かったです。「早くから就活を始めたほうが良い」という先輩の言葉が今は理解できます。初めは志望していなかった業界も受けたことで自己分析等が深まったので、業界を絞り過ぎなかったことも良かったと思います。内々定を一社でもいただけてからは、よりリラックスして選考に臨むことができました。

当初はどのような就職活動をしていましたか?

LMCに入る前は特にしていませんでした。お茶女の特徴でもあるんですが、みんなのんびりしているのと、大学院進学とも迷っている人が多いので、就活にするにはちょっと振りな環境だったと思います。

LMCの入会のきっかけ

大学の研究室、サークルの先輩に誘われたことがキッカケです。憧れの先輩であったパー子先輩に誘われた時は嬉しかったです。勉強会に参加してみて、入会を即決しました。大学とは全く違い環境があったので、とっても刺激的でした。

LMCに参加して就職活動で変化したことを教えて下さい。

自分をよく見せようとして殻にこもることを減らせたと思います。それなりにプライドもあったので、自分を良く見せようとしてしまうところがあったと思います。お茶女の学生さんには多いパターンだと思います。これは、学校の仲間との就活だけだったら、破れなかったからだと思います。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

学生とは違う社会人の考え方や、他人からの正直な評価をもらえたことがとても良かったです。特に選考後に客観的評価をもらえたことは大きかったと思います。あと、論理的に考えることを教えてもらいました。考えること自体は好きでした自信はあったのですが、網羅的に考えたり、体系だって考えたりできるようになってきたと思います。

その後の就職活動について教えて下さい。

選考で落ちてしまった原因を考え次に繋げるくせができたので、徐々に自分を上手く出せるようになっていったと思います。選考後にフィードバックシートを書いて講師の小塚さんと深夜までSkypeで反省会をしていました。

それで内定されたんですね。

おそらく。運もあったと思います(笑)

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

大変お世話になりました。ありがとうございました。お茶女の学生はみな似たようなおっとりしたタイプが多いようにお思います。もちろん例外もいますが(笑)。自信もそれなりにあるし、人生を通じて大きな挫折や失敗をしている人も少ない印象です。しかし、就活は想像以上に厳しいですし、挫折を味わうものです。就活を乗り切るためにも、LMCのようなスクールに通ってみるのもいいのではと思います。なにより、一番苦しい時に助けてくれるし、自信をつけてくれますから。