H.Kさん

加藤春乃
出身大学 日本大学
内定先 unico(ミサワ)
就職活動を振り返ってどうでしたか?

大変でした。ですが、最後まで妥協しないでできたのはLMCのおかげで、妥協しなかったから第一希望で憧れだったインテリアメーカーに内定をもらえたと思っています。 大変だったのは、LMCに入ったのが遅かったのでやりたいことも明確ではなかったし、自分のことも理解していなかったので、自分の個性が出なくて出せるようにするのが大変でした。

当初はどのような就職活動をしていましたか?

自分が出せなくて挫折しました。面接にほんと受からなかったです。面接のときにFBしてもらうと「特徴がないから落とす理由もないけど取る理由もない」と言われ、危機感を持ちました。なので、小塚さんに相談して、「それはこれから色づけていくものだから心配するな。LMCは個性を出せるようにするのがLMCだ」と言われ、それから自分の理解をしていき、色を出すような面接にしていきました。そしたらグループ面接は受かるようになったけど、普通の面接はまだ落ちました。だけどただ自分を出せるように意識して面接練習していくうちに自然とできるようになっていきました。そしたら面接も受かるようになっていって、5月の中旬からほとんど落ちなくなりました。 他の人のFBシートを見たり、意見を聞いたりして、こういう答え方もあるなとかを学んでいきました。

LMCの入会のきっかけ

最初は同じLMCメンバーになった、なつきさんの紹介でセミナーに参加したことがきっかけで入会しました。心配性だから12月から選考を受けていりSPIも3年生からやっていたのですが、ほんとに行きたい文具のメーカーのESで落ちたりしていました。ESで落ちたら勝負にならないしほんとにまずいと思っていたところセミナーに誘われて参加しました。セミナーでもっと必要な能力がいろいろたくさんあったことに気づいてこのままだとダメだと思ったのが入会のきっかけです。あと、就活は一生に1度だし、みんなで頑張れたら楽しめるなと思い入りました。

LMCに参加して就職活動で変化したことを教えて下さい。

私は負けず嫌だし、復習とかしない性格なんですけど、LMC入ってからはFBを書いたり、振り返るということをするようになっていきました。そのおかげもあって、自分の色を出せないという自分の欠点を見つけることができたことが大きかったです。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

最初はつまんない面接という感じだったので、面接でこう答えたほうがいいなど、自分のことばでいえるような練習をしていった。1聞かれたら1答えるような面接をするなと言われるんですけど、自分が面接官になったら1聞いたら1返ってくるということが分かったし、それ以上に返すというのがわかっていきました 4月の終わりにこのままだとまずいという時期がありました。その時に本命の企業の選考があったのですが、その時点でかなり落ちていました。なので、小塚さんに毎日スカイプしてもらい無理なお願いにも答えてもらっていました。 また、正しい答えを追い求めていたけどそうではなくて、自分らしさをだすのが重要だと気づきました。企業はその人らしさというのを求めていて、LMCを通じて自分らしさというものが出せるようになっていきました。

その後の就職活動について教えて下さい。

自分らしさが出せれば面接も通るしGDも通るし、GWも通るようになりました。自分に際立った能力がないことに気づけたことが大きかったです。

それで内定されたんですね。

素の自分が出せたことで内定できました。面接練習をしていき、自分の色が出せるようになっていきました。あと、飛びぬけたものはないですが自分の色を出すことで内定することができたと思います。

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

最初入ったのが就活楽しめればと思って入ったけど、実際辛かったし大変だったけど、楽しかったし、最初の目的は果たせたと思っています。  LMC入ってなかったら1人で就活やることになっていたけどLMCでやることで、支えられたし、励ましあえた仲間がいたことは大きかったです。 いろんな立場の人がいて、いろんなアドバイスが受けれたことが大きかったです。