K.Fさん

福田知弘
出身大学 武蔵大学
内定先 インテージ
就職活動を振り返ってどうでしたか?

不思議にも順調でした。エントリーシートを出した数も少なかったんですが、その中で複数内定が出たことに大満足しています。自分は学歴にコンプレックスを持っていて、「どう学歴の高い人、レベルの高い人に勝っていけるか」ということを考えていました。能力では勝てないのでそれ以外で勝っていこうと思ってましたね。

当初はどのような就職活動をしていましたか?

周りはまだ全然始めてない状態でしたが、危機感と焦りから6月から始めました。LMC入会が就活の始まりですね。

LMCの入会のきっかけ

信頼しているゼミの先輩に誘われたのがきっかけです。また夢と目標があれば叶う団体だとわかったからです。また、自分は強制された環境に入らないとできない人間です。自分を変えたい、また早慶など学力が高い人に勝ちたいという意欲、焦りや危機感などがあったので、自ら強制された環境に入っていきました。明確に入社したい企業はなかったのですが、いいレベルの企業に入りたかったですし、よりすごい人間になるという目標がありました。

LMCに参加して就職活動で変化したことを教えて下さい。

常に先を見据えて頑張ることに集中できるようになりましたね。また、入会して自分の能力の低さを痛感し、危機感、焦りの増幅からますます意欲が強くなっていきました。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

最初は基礎能力の底上げをやりました。テクニックをいきなり教えても伸びないので、基礎能力(コミュニケーション能力や考える力など)の底上げをしていきました。更に、社会に求められること(漠然としたことですけどマナーや挨拶、社会で役立つ考え方などです)が当たり前にできるように指導を受けました。後で気づいたことですが、周りの学生は意外とできていませんでしたね。指導を受け続けることで、当初は、自分の言いたいことがうまく伝わらなかったのですが、自分の言いたいことが伝えられるようになっていきましたね。

その後の就職活動について教えて下さい。

基礎能力の底上げのあとは、面接練習やGDなど就活で必要なものを訓練してきました。基礎能力を底上げしていった分、他の学生よりもプラスがあったのだと思います。この2段階に分かれたプロセスがあったことによって内定につながっていきました。

それで内定されたんですね。

そうですね、落選する会社もありましたが、比較的順調に選考が進み、複数社から内定を頂くことができました。結果的に第一希望の企業にも内定しましたし、大満足です。ただ、高度な論理的思考力を求められる難関企業については落ちてしまったので、今後鍛えていきたいですね。

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

LMCメンバーは、ライバルであり本音を話せる仲間。普通の友達は本音を気を使って言えないが、LMCの仲間は価値観があらわになり、本音を言い合えました。就活には必要な仲間だと終わってみて改めて思いました。自分は、背伸びした企業に入れたので、内定者の中では底辺にいると思っています。なので、入社までの期間全力頑張っていこうと思っています。レベルの高い人を追い越せるようになっていくために成長するため頑張っていき、何事にも全力でやっていきたいです。 入社までにやっていこうと思っていることはマーケティングの統計学、対人能力、行動力、実行力などのスキルを学んでいきたいです。また、後輩を育て上げたいです。後輩を育てることで自分の成長につながるので自分の成長のためにも後輩のためにも頑張っていきたいです。小塚さんとの思い出は、いけないことはいけないと厳しく教えてくれ、いいことはいいと言ってもらえたことですね。社会で、幅広い経験をした方に指導してもらえる機会も、今の学生はないと思うので、非常に貴重な時間でした。