大学受験の失敗の悔しさを胸に、就活では資格取得をしようかと色々と迷いましたが、自分を成長させるべくLMCに入会し、第一希望だった野村證券に内定しました。

大学受験の失敗の悔しさを胸に、就活では資格取得をしようかと色々と迷いましたが、自分を成長させるべくLMCに入会し、第一希望だった野村證券に内定しました。

K.H
出身大学 福岡大学
内定先 野村証券(全国型)
まず、就活お疲れ様です。就活を終えて感想をお願いします。

第一志望の企業から内定を頂き、大成功の就活でした。

これからやりたい仕事ができるということに幸せを感じています。

第一志望の企業から内定を頂いたということですが、どうしてそれが達成されたと思いますか?

一番は頑張れる環境があったからだと思います。
その点、LMCはそれが満たされていました。

切磋琢磨しあえる仲間の存在、仕事の楽しさを伝えてくださる先輩方の存在、そして全力でサポートをしてくださった社長である小塚さんの存在が、就活を全力で最後まで頑張らせてくれたと感じています。

モチベーションが下がるなんてことはありませんでした。
最後まで全力で諦めなかった結果が第一志望に内定という実績に繋がりました!

「気持ちだけで乗り切ってやったぜ」という感じですか?

いえ、それは違います!

気持ちだけでは、企業は採用をしないと思っています。
気持ちも大事だと思いますが、能力も大切になってくると思います。

いかに人事の方に、入社後に活躍する自分をイメージさせるか、そこに自分の能力が大切になってくると思います。

私もまだ学生なので具体的には分かりませんが、大人の価値観だったり、論理的思考力だったり、コミュニケーション能力、等かなと思っています。

LMCは社会に出て活躍できる人材を輩出することを目的としているため、私はLMCで就活前にはそういった能力面を鍛え、就活中は気持ちで、日頃の自分を全て出し切ったという感じです。
だから就活中は変に背伸びはせず、ありのままの自分で戦えました!

なるほどですね!実際、能力的な所はLMCに入る前と後でどう変わりましたか?

そうですね、入る前はというと、まず「何を言おうとしているのか分からない」ということをよく言われていました。
簡単にいうと、コントロールの悪いピッチャーですねw
よく会話の相手であるキャッチャーを惑わせていましたw

そんな私でしたが、LMCに入会し、インターン活動で何度も会議をする中で、まず話し方というものが変わってきて、次に相手を納得させるために、論理性というものが加わってきて、気付けばGDの練習は特に要らないのかな、と思ったりしました。

少し自意識過剰ですが、本当に話し方は変わったなと就活の面接の際に感じました。

また、面接の際に感じたことは、大人と話し慣れておくのは大事だと気付きました。幸いにも私はLMCで、社長の小塚さんと飲みながらお話させていただいたり、社会人の先輩方とお話をさせていただく機会が多くあったので、その中で大人の価値観というものに直に触れることが出来たと思います。

そういうこともあって面接の際はスムーズに乗り切れたかなと思います。

大学受験の失敗の悔しさを胸に、就活では資格取得をしようかと色々と迷いましたが、自分を成長させるべくLMCに入会し、第一希望だった野村證券に内定しました。
最後に、就活を控えている学生に向けて一言お願いします。

就活の時期に、就活の対策をしてくれるサービスを行っている会社はたくさんあります。

ですが、就活前から、根本的な所からじっくりたたき上げる事ができる環境があるのは、LMCだけでしょう。

LMCに入って頑張った人が実績を残しているのは、サイトを見たら一目瞭然です。

正しい努力で自分のなりたい姿へ直進できると実感しています。
努力あるのみです、頑張っていきましょう!!

同じ内定先の方はこちら
I.Sさん   K.Sさん   E.Mさん