K.Mさん

松本圭史
出身大学 九州産業大学
内定先 テイク&ギブニーズ
就職活動を振り返ってどうでしたか?

一言で言うと、大変でしたね。東京への就職を希望していたので、貯金もたくさん使いました!(笑)

当初はどのような就職活動をしていましたか?

最初は、3年生の9月くらいでした。学校の就活講座に参加していました。ちょっとSPI対策やったり・・・。その程度でしたね。今考えると、相当やばいですね(笑)。

LMCの入会のきっかけ

LMC福岡2013の大久保君に就活セミナーに誘われて、参加したのがきっかけです。「エントリーシート(ES)を書いてみよう!」って内容だったんですが、あまりの書けなさに、愕然としてすぐに入会を決めました。

LMCに参加して就職活動で変化したことを教えて下さい。

自分一人だけだったら、真面目に就活出来なかったと思います。また、色んな大学の学生と絡むことが多かったので、「もっと努力しなくてはいけない!」と刺激になりました。この精神的な支え が出来たことと、、考え方が大きく変わったことが、「変化」と言えますね。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

12月という遅い入会だったので、すぐに小塚さんと一緒に自己分析を行って、自己PRを作っていきました。後は、勉強会でグループディスカッション(GD)の練習や、面接練習をガンガンやっていました。深夜にエントリーシート(ES)の添削もしてもらいましたね。色々な場面で、「自ら考え、自ら動かなければならない」ってことを教えられましたね。

その後の就職活動について教えて下さい。

答えを聞く、探すのではなく、自分で考えるようになりましたね。普段の生活も変化していきました。日経新聞読んだり、色んなものに興味を持ったりするようになりました。 LMCは東京と福岡に拠点があるので、東京へ就職したい学生にとってはかなり有利になると思います。2月に説明会で東京に行ったんですが、東京の学生と一緒に活動できるので、九州では聞けないような話が聞けましたし、情報も入ってきたので、刺激になりました。そして、非常に助かりました。LMCの活動って会社組織の活動を同じなんですよね。大学生活では、好きな人とだけ付き合えばいいんでしょうけど、会社組織ではそうはいかないと思うんです。そういった意味で、色んな大学から集まっているので、色んな価値観を持った人がいます。みんな仲はいいんですが、その中でどういうポジションになるのか、どんな意識で活動していくか、そういった経験はすごく勉強になりました。大学の友人はまともに就活の話が出来ないので、LMCの仲間の存在は大きかったですね。うちの大学は、「就活を頑張ること=かっこ悪い」みたいな感覚の学生が多くて、就活を頑張っていると馬鹿にされることがあって、ビックリしました(笑)。本当にLMCの仲間は大事でしたね。仲間の協力もあって、エントリーシート(ES)は比較的通過しましたし、面接も初期段階では落ちませんでした。しかし、3次、4次面接まで進むと落選する企業もあり精神的にきつい時もありましたね。

それで内定されたんですね。

そうですね。色んな業界を見ていましたが、話を聞いたり、小塚さんと相談したりして、志望業界を決めていきました。結局、ブライダル業界への志望度が高くなり、内定先に決めました。同じ大学の友人と比べたら、非常にスムーズな就活だったと思います。

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

入会していなかったら、今の内定はないですね。一人では乗り切れなかったと思います。もっと早く入会してればって思いますね。2013メンバーは就活を頑張って素晴らしい成果を出すことが出来ました。2014メンバーも頑張って欲しいですね。