LMCで”常に全力”で活動したこと、仲間と切磋琢磨し合ったことで自分に自信がつき、楽しく就活が出来た結果、希望していた企業に内定することが出来ました。

LMCで”常に全力”で活動したこと、仲間と切磋琢磨し合ったことで自分に自信がつき、楽しく就活が出来た結果、希望していた企業に内定することが出来ました。

H.Iさん
出身大学 福岡大学
内定先 みずほ情報総研、三井情報、SOMPOシステムズ、その他多数
――就活を終えての感想を教えてください。

 何より楽しかったです。
就活が楽しいと思えるなんて、昔の自分からしたらまずあり得ない話です。そう思えたのもLMCに入ったからであり、熱い仲間と出会えたからです。就活を1人でやっていた感覚はありません。
いつでも励まし高め合える仲間がいることは非常に心強かったです。

――就活中メンバーとは会っていましたか?
 はい。私は、就活中はほとんど東京にいて、メンバーも東京で面接受けていた人が多かったので、よく会っていました。
お昼とか、面接と面接の合間とかはお互い連絡を取り合って、ご飯に行きました。そして、時間が来たら「じゃあ面接行って来るね〜」「いってらっしゃい」という感じでしたね。
一緒に成田泊したのも思い出です(笑)

――会っている時はどんなお話をされてましたか?
 主にお互いの進捗状況を話していましたね。「今どこを受けている?」とか「最近どう?」とか真面目な話をしていました。
就活が上手くいっていなかったら、それがなぜなのかをお互い詰め合っていました。必要な時は、面接練習もしてお互い指摘し合いました。
一方で、就活が終わってからの話もしていました。何をするか、どこに行くかなど話して、楽しく盛り上がりました。全体的にお互い前向きになれる話をすることが多かったです。

LMCで”常に全力”で活動したこと、仲間と切磋琢磨し合ったことで自分に自信がつき、楽しく就活が出来た結果、希望していた企業に内定することが出来ました。
――入会のきっかけを教えてください。

 人間力を上げて自信を持って社会に飛び出したいと思ったからです。
当時まで高校は部活をしていなかったし、大学でもサークルでワイワイ遊んでいただけ、バイトもこれといって続けたのはなく、自分自身パッとするものがない、中身のない人間だと改めて感じました。
将来に目を向けた時、1番身近な目標の"就活"を目前に控え、不安を覚えました。そんな時、先輩にLMCを紹介され、やってみないと何も変わらないなと考え、LMCに飛び込みました。

――LMCで身についた力はなんですか

 素直さ、受け入れる力です。
「頼まれごとは試されごと」と思い、言われたことは素直に受けとめ、しっかりとこなす。この繰り返しでいろんな角度から物事を見れるようになりました。
しっかりと相手の話を聞いて、落とし込んでベストな回答をする。自分の話を一方的に話すだけでは相手とうまいコミュニケーションをとることはできません。
普段の会話の中で、出来てそうでできていないものです。鍛錬すれば相手の発言の違和感にも気づけるようになります。

――それは、どういったLMCのどういった活動から身についたと思いますか?
 ピンポイントでこの活動で身についたというのはないですね。普段の活動で、色んな人と色んな話をしていく中で身につきました。
具体的には、部署活動の会議での話し合いや、日常生活での何気ない会話、後はLINEですね。会話だけではなく、文面上の会話でもどういう言い回しをしたら相手に伝わりやすいか考えるようにしていました。

LMCで”常に全力”で活動したこと、仲間と切磋琢磨し合ったことで自分に自信がつき、楽しく就活が出来た結果、希望していた企業に内定することが出来ました。
――LMCで頑張ったこと、または印象的だったことは何ですか?

 部署活動の再編成です。
部署活動は、分野ごとに特化して仕事を担当することで、活気のある組織運営を目指しています!
活動を通して、"何事も全力"というのは常日頃から言われ続け意識していました。しかし、この部署活動再編成の経験は悔しい気持ちでいっぱいでした。自分の力の無さを痛感し、やるせなかったです。
しかし、それも与えられたものであり、できる限りの努力はしました。それから新しい挑戦の場を自分で掴み、がんばったことで大きく変われました。何事も全力が芽を出してくれたのだと思います。

――具体的にどういう努力をされましたか?
 実際、活発だった部署から、あまり活気のない部署に移動したんですよね。そこで、その部署が活発になるには、自分は何をしたらいいかを常に考えながら活動していました。

――移動した部署では、どんな役割を果たしていましたか?
 自分で言うのもなんだけど、率先してみんなの指揮を取っていました。そこで、周りを巻き込む大変さを学びましたね。

――就活中にぶちあたった壁はありましたか?

 正直言ってありません。
1年を通して頑張ってきたものが、就活になってしっかりと発揮できたので、満足のいく結果を残すことができました。

――その要因はなんだと思いますか?
 LMCの活動を自分なりに頑張った自信があったからです。
社長(LMCの代表)がいつもおっしゃっていた、「何事にも全力」ということを常に意識し、常に"自分なりの全力"を出し切っていくよう努力した結果、就活中それをしっかり自分の言葉にして話せたからだと思います。

――LMCの魅力を一言にすると何ですか?

 「仲間」です。

――LMCの仲間はどんな存在ですか?
 一緒に頑張って来た仲間だからこそ、どんな壁にぶち当たった時も、悩みを相談したり、親身になって話を聞いたりできる存在です。
これから社会人になって壁にぶち当たると思うんですけど、そんな時も1番に頼り合える仲間だと思います。

LMCで”常に全力”で活動したこと、仲間と切磋琢磨し合ったことで自分に自信がつき、楽しく就活が出来た結果、希望していた企業に内定することが出来ました。
――今後(社会人)の目標は何ですか?

 素直さは忘れず、社会人1年生らしく、可愛がってもらえるように、頑張っていきたいです。

――そのために、これからのLMCの活動をどう取り組んでいきたいですか?
 後輩のことをしっかり見たいです。
それは、後輩のためでもあり、自分のためでもあります。社会で活躍するには、この残りの半年をどう過ごすかだから、時間を無駄にしないように、頭を腐らせないようにします。
常に考えるというのはずっと教わって来ていることなので、常に考えながら残りの活動を取り組んでいきたいと思っています。

――これから就活を迎える人へメッセージをお願いします。

 就活は皆がうまくいくものではありません。
そんな時、励まし高め合える仲間を持っていると非常に心強いです。そういう関係性はすぐに出来上がるものではありません。
周りを見渡してそういう人がいるでしょうか?その選択も自分でするのです。しっかりと見極めて一緒にいて頑張れる仲間を作りましょう。
それと同時に切り替える気持ちの強さも持ち合わせることが大事です。今の自分に何が必要なのか、何が足りていないのかを把握して、その穴を塞ぎ臨んでみてください。

――ありがとうございました!これからも"常に全力"をキーワードに素敵な社会人を目標にして頑張って下さい。応援してます。
LMCで”常に全力”で活動したこと、仲間と切磋琢磨し合ったことで自分に自信がつき、楽しく就活が出来た結果、希望していた企業に内定することが出来ました。