LMCに入ったことで東京で就活する勇気が湧いた彼女は、文系からIT業界に進み、東京のニッセイ情報テクノロジーで働くことを決めました。

LMCに入ったことで東京で就活する勇気が湧いた彼女は、文系からIT業界に進み、東京のニッセイ情報テクノロジーで働くことを決めました。

Y.M
出身大学 西南学院大学
内定先 ニッセイ情報テクノロジー
就活お疲れ様でした。まずは、就活を終えてみての感想をお願いします。

LMCに入って就活を始める前までは不安しかなく、どうやって進めていいかもわかりませんでした。
でも、LMCに入ったことによって周りの友達がどういう状況で進めているかなどがわかり、数も結構受けることができたので意外と順調に進んだとな、と感じました。
また、初めての就活で、わからないとこだらけの中、周りに聞ける人がいるということがとても大事だと思いました。

なぜ文系からIT業界に進もうと思ったのですか?

チームで働く仕事がしたかったからです。
LMCにはIT業界に進まれた先輩方も多くいて、先輩方の話を聞く中で、IT業界の中でも私が進んだシステムエンジニアという仕事は、最初の設計から最後までをチームで分担して協力してひとつのシステムを作り上げる、という業務であるということを聞きました。効率も良いし、成果も大きいというチームでやることの魅力に惹かれたからです。
そして、自分の経験で言うと、父がプログラミングの仕事をしていて、小さい頃犬小屋の設計をして、それを大工であった叔父に実際に形にしてもらったりと、もともとものづくりに関わる仕事にも興味があったと言うのも理由の1つです。

LMCに入って自分の中で変化したことはありますか?

今までは周りの人からの目をとても気にしていました。
そのせいで出来なかったことなどが多くて後悔することがありましたが、LMCに入ってからは、講師の小塚さんに自分が思っているより人は自分のことを気にしてないということと、オープンマインドを言われ続け、あまり周りを気にせずに行動できるようになりました。

就活でどのようなことが壁になりましたか?そしてそれをどう乗り越えましたか?

就活で壁にぶつかったのは、面接を受けて、最終面接までは通るけれど、最終面接で落ちてしまうことが何度か続いた時です。
一次面接で落ちるよりもショックが大きく、それが続いてしまうともう受からないんじゃないからと自信を無くします。
しかし、自分と同じ会社を受けて受かった他のLMCメンバーに話を聞き、どんなとこがダメだったかなどを知り、反省することができました。
それをもとに改善していくことで、最終面接も受かるようになりました。

最後に、LMCに入って良かったことを教えてください!

良かったと思うことは、たくさんあります。
就活に関しては、恐らく一人でやっていたら、例えばまさに東京など、九州外であり、大都会に行きたいと思っていても、勇気が出ずにチャレンジできなかったと思います。しかし、LMCのメンバーは、将来頑張りたい!という人が集まっていて、さらにチャレンジ精神も活動の中で身につきます。
そのため、東京で就活したい、してみよう!という人もたくさん出て来ます。
そういう皆がいたからこそ、私もチャレンジしてみよう!と勇気を持って東京で就活できました。
東京に行っても皆でご飯を食べたり、ネットカフェに泊まったり、寂しいことはなく、就活もまた1つの思い出になりました。
就活以外では、サークルに入っていなかった私にとっては、たくさんのイベントごとや飲み会など多くの思い出ができたことも良かったと思います。