LMCに入ってかけがえのない仲間に出会い、厳しい就活も楽しく頑張れた彼女は第一志望の会社geechsに内定しました。

LMCに入ってかけがえのない仲間に出会い、厳しい就活も楽しく頑張れた彼女は第一志望の会社geechsに内定しました。

C.Oさん
出身大学 西南学院大学
内定先 geechs株式会社
LMCを知ったきっかけは何だったんですか?

二年の後期の春休みに大学の友達にLMCが運営しているイベントに誘われたことがきっかけでした。当時はまだ何も就活の事を考えてませんでしたが、暇だったので(笑)
当日自分の一つ上とは思えない先輩方やLMC社長の小塚さんとお会いしたのですが、入ろうと思った理由は単純に楽しそうだったからですね。就活を一緒に頑張れる仲間ができ、同時に大規模なイベントも楽しめることはサークルや部活に入ってなかった私にはとてもよい環境でした。

LMCではどんな活動をしていたのですか?

私はインターン活動と勉強会の両方に参加していました。週二回の勉強会では就活対策として論理的思考能力を鍛えていました。例えばカードGDや日本語ワークですね。また自己分析ワークに基づいて小塚さんと面談を繰り返しました。
インターン活動では私はマーケティング部として活動していました。自分なりのリーダーシップを探してみようととにかく発言し意識的にグループを動かそうと思っていました。
実際にLMC入会当時は話も長く自分で何を話したいかさえ分からなくなる状態でしたが、最近ではその指摘も少なくなりました(笑)

大学の友人など、他の就活生と比べてどのような差がついたと思いますか?

LMCに入ってからは就活の現状を客観的に把握できていたので、その他の学生とはスタートダッシュが明らかに違いましたね。私が希望していた業界が特別早いのもありましたが第一志望の会社に内定を4月に頂けた。おかげで金銭的・精神的負担も軽くなりましたし、取り残した単位にも専念することが出来ました(笑)周りには8,9月に就活を続けている友人もいましたが、そういった人は総じて就活前に自己分析や上階研究が終わってない人でしたね。

LMCをおススメする理由があれば教えてください!

一番はやはり環境ですね。その中でもやっぱりLMCに入らないと出会えない仲間ができる、というのが一番の魅力です。就活は想像以上に厳しいですが、私は仲間がいたからこそ就活中も楽しく頑張れたのだと思います。
東京に比べ福岡は就活に対して真剣に考える学生が少ないように思えます。その中で就活塾を考える人は本当に一握りだと思います。実際に私もそうでした。しかし小塚さんから「就活は人生を決める最後の機会。受験では皆塾に通って自分の能力を高めるのに何故就活ではそうしないのか」と言われた一言で確かにそうだと思いました。
そして就活が終わった今、LMCに入ったことは間違いではなかったと心から思えます。