LMCに入りサークルのノリから抜け出して環境を変えたため、仲間と共に人間としての価値観を磨き、自信を持って就活に臨むことができました。

LMCに入りサークルのノリから抜け出して環境を変えたため、仲間と共に人間としての価値観を磨き、自信を持って就活に臨むことができました。

N.N
出身大学 福岡大学
内定先 ファンコミュニケーションズ
就活お疲れ様でした。無事第一志望に内定されましたが、就活がうまくいった理由はなんだと思いますか?

まず、第一志望をはじめから決めていたわけではありませんでした。
就活をすすめていくうちに、結果一番行きたくなったところが第一志望、という流れでしたね。
ひとつの会社にフルコミットせず試行回数を増やして面接を受けていったら自然と自分に合う会社が見つかりました。

そうやって自分に合う企業を焦らず見つけていけたのも、面接に進めば落ちない自信があったからです。

面接はたくさんの就活生の中で、「なぜこの企業で働きたいか」を伝えるよりも、企業側に「この人と一緒に働きたい」といかに思わせるかだと思います。

LMCの活動を通して人間としての価値観やスタンスを磨いていたので、素直な自分を出すことで、自然と自分の価値をアピールすることができました。
LMCで全力で活動していたことが、大きな自信になっていましたね。

LMCメンバーとして活動していく中で、LMCメンバー以外の人となにか差を感じることはありましたか?

LMCに入ったことで日々頭を使うようになりました。
厳しく怒られることもありますが、大学生に怒ってくれる人なんて普通いないし、このような環境はどこにもないと思います。

また、就活の出だしもまわりより早かったですね。
ひとりではできない自己分析ができて就活の準備ができました。

LMCに入ってない友達は、プレエントリーする企業すら少なくて、情報もなにも持ってなかったですし。

わたしはLMCメンバーと共に就活できたので、その分企業の情報も増えるし、マインド的にも刺激しあえました。
ひとりだったら、今日はもう説明会行かなくていいや、、となっていたと思います。

あの人が行ってるから自分も行こう、とか、あいつが落ちたのなら自分もしょうがないな、とか、モチベーションを保つためにも就活中の仲間の存在は大きかったですね。

なるほど。環境を変えることが一番大切なのですね!

それまでサークルの遊んでいる人たちと関わってきた僕が、LMCに入って仲間と日々情報交換したり、目標を語りあったりして、付き合う仲間が変わったことが、内定した1番のきっかけかなと思います。

週一で就活意識のある仲間で集まったら、そりゃ刺激されますね。
毎回勉強会の終わりには、小塚さんから様々な話も聞けて意識が高まっていました。

はじめはどこに行きたいとかもなかったですし、LMCに入っていなかったらネット広告やITに関しても興味を持たなかったと思います。
環境のおかげで、自分がやりたいことなども見つかりました。

LMCのメンバーがいなくて、遊んでいた時のサークルのノリのまま就活に挑んでいたら、と思うとゾッとします。

最後に、LMCに入ってから、一番印象に残っていることを教えてください!

メンバーのみんなで内定祈願に神社にお参りに行ったことです。

就活準備でばたばたな時期にみんなで行ったことで、就活は一人じゃなくてみんなで乗り越えるものなんだ、ということを再確認できました。

就活は、ひとりよりも絶対仲間がいたほうが頑張れます。その点で、LMCはとても環境が整っていたと思います!