LMCに入り早くから就活を意識していた彼は、効率よく行動し、ときには仲間と励まし合いながら就活を乗り越えていきました。そんな彼の内定者インタビューがこちらです。

LMCに入り早くから就活を意識していた彼は、効率よく行動し、ときには仲間と励まし合いながら就活を乗り越えていきました。そんな彼の内定者インタビューがこちらです。

K.Nさん
出身大学 福岡大学
内定先 株式会社DTS
面接、ES、GD対策の場面で役立ったこと は何ですか?

毎週の勉強会でGDを何度も行いました。 
自分がどの切り口で話しているのか、論理的に話せているかを確認しながらこなし続けた結果、選考で落ちることはありませんでした。 

初めて高学歴の学生に囲まれてのGDはさすがに緊張しましたが、恐れずに自信を持って取り組んだ結果、無事通過できた時は嬉しかったです。笑 

LMCではない大学での他の友人の就活状況 はいかがでしたか?

苦労している友人が多い印象でした。就活解禁は3月からでしたが、周りの友人は、自己分析や業界研究が準備不足の状態でスタートしていたので自らの業界が定まっておらず、適当に説明会を入れている人がいて、無駄があるように感じました。

説明会で視野を広げて様々な業界の話を聞くことも大事だと思いますが、就活の期間は長いものではないので、情報を事前に取り入れてから就活に挑むことが大切だと思います。業界研究を早くから取り組み、志望業界が決まっていたので余裕をもち、効率的にその業界での就職活動を行うことができました。

周りの友人の就活状況を振り返ると、スタートからもたつき最後まで苦労している人もいました。準備の段階で大きな差があったと思います。 

就活でぶち当たった壁をどう乗り切りましたか?

最終面接で落とされたときは、あと一歩というところで不合格になってしまったというメンタルへのダメージと、最後の詰めが甘かったことへの後悔の思いが強かったです。

ひどく落ち込んだ時期もありましたが、このままではいけないと思い、開き直って代表の小塚さんからFBをもらって修正してもらいました。またLMCのメンバーに何回も面接練習をしてもらいました。 

一度落ち込んでから開き直ることは簡単ではありませんでしたが、他のメンバーに飲みに付き合ってもらったり、相談に乗ってもらったりして励ましてもらうことで乗り切ることができました。 
LMCのメンバーや小塚さん、みんなのおかげで乗り越えることができたと思います。 

LMCで活動する中で強く印象に残っていることはありますか ?

即レス・報連相の徹底をしたことです。LMCでは、社会で活躍する人材になるというビジョンのもと、社会人としてできて当たり前の基礎やマナーを徹底して活動します。特に即レス・報連相は徹底させられた印象がありますね。

ここでの活動を通して、アルバイトでもサークルでも情報共有の漏れなどはなくなりましたし、連絡の返事は誰よりも早くなりました。笑 

またここでは飲み会やイベントで幹事を務める機会が多いので、リーダーシップの経験を積むこともできます。 大変ではありましたが、ここでの活動はこれから社内に出ても必ず生かされるものなので、とても貴重な経験を積むことができたと思います。 
 

LMCの魅力を一言 !

最高の仲間ができることです。
ここではただ遊ぶだけのサークルや、淡々と就活対策をこなすだけの就活塾とはちがいます。

頑張ることを馬鹿にせず、何事にも全力で取り組み、お互いの本音をぶつけ合い、切磋琢磨し合える仲間ができます。就活は1人では乗り越えることはできませんし、ここでできた繋がりは一生切れないものだと思っています。