LMCの活動の中で今までの自分になかった発言力と論理的思考力を身につけ、行きたかった企業に内定を決めました。

LMCの活動の中で今までの自分になかった発言力と論理的思考力を身につけ、行きたかった企業に内定を決めました。

M.Mさん
出身大学 福岡大学
内定先 三菱UFJインフォメーションテクノロジー
――就活お疲れ様でした!終えてみての感想をお願いします。

 最初の就活のイメージは毎日大変そうでつらいと思ってました。ですが、いざ始まってみると一緒に頑張ってる友達がいて、つらいことや悩みなどを相談したり、息抜きにご飯に行ったりととても楽しく就活を乗り越えることができました。
 また本当に学歴って関係ないんだなと思いました。面接や説明会などで、大学も自分より上で、頭がいい人たちがたくさんいて、その人たちと並んだとき始めは自分は敵わないなと思っていたけど、全然そんなことなくて、学歴ではなく人をしっかり見てくれる会社が多いなと思いました。

――学歴ではなくしっかり人を見てくれる、どんなときにそう感じましたか?

 面接でもGDでも、学歴ではなくその人がどう考えているか、論理的に話せているかなど、価値観や思考力を見られていたしそこを褒められました。自然と鍛えられていたのでよかったと本当に思いました。

――では、LMCに入会したきっかけを教えてください。

 サークルを辞めたのもあって、何か新しいことを始めたいなと思っていました。そんな時に、LMCのイベントに参加して先輩方と話す機会がありました。その時の先輩は、みんな目標があったり自分の意見をしっかりもっていたりとすごくかっこいいなと思い、私もこんな人になりたい、変わりたいと思って入会を決めました。

――それで実際に入ってみて、自身の変化などは感じますか?

 わたしはもともと自分の意見を言うことが苦手でした。だけど活動を通して、意見を発しないとなにも変わらないし受け身のままでおわってしまうなと思う瞬間がたくさんありました。1年間たくさんの経験をして、最初は小さいグループの中で発言するように心がけていき、今では自分の意見をしっかりもって、思ったことを相手に伝えられるようになったかなと感じています。
 また精神面でも強くなったと思います。不安なことがあるとどうしようと考えて悩んでなにも進まない性格だったけど、今では悩んでも仕方がないからとりあえず何かしよう!と前向きに取り組めるようになりました。

LMCの活動の中で今までの自分になかった発言力と論理的思考力を身につけ、行きたかった企業に内定を決めました。
――自分を変えるには環境は大切ですよね。では具体的にどんな力が身につきましたか?

 発言力と論理的思考力です。発言力に関しては入会後の変化でも述べたように自分の意見を発信する力が身につき、入会して一番自分が変われたことだと思います。
 2つめの論理的思考力は自分ではあまりわからなかったけど、人事の方からのフィードバックで、論理的に話せていてよかったと言われることが何回もあり、気づかないうちに養われたのかなと感じました。

――発信力が身について、それを活かせた場面はありますか?

 アルバイトでのことなんですけど、店舗状況が悪かったときに、改善するために社員さんやバイトメンバーと話すことで改善できました。それまでの自分だったらきっと意見することはできなかったと思います。状況を変えるほどの中身のある発言ができるようになったことはこれからもきっと役に立つと思います。
また、就活中も面接では伝えたいことを簡潔に伝えられるようになりましたし、実感した場面はたくさんあります。

――LMCでの印象的な出来事はありますか?

 メンバーが、自分の悩みに真剣に向き合ってくれたことです。
LMCが他と一番違うところは、本音で話せる友達ができることだと思います。自分の本当の気持ちを他人に話すのって少し抵抗があるけれど、ここのメンバーだと悩みなど話したら真剣に向き合ってくれるし、逆に相談されたらちゃんと答えてあげようとおもいます。

――本音で話せる関係は大切ですよね。どうしてそんな関係が築けたと思いますか?

 1年間、活動を一緒にしてきて組織のためになにが一番大切かなどお互い意見を言って話し合いをしたり、楽しいことも大変なことも一緒に頑張ってきたからだと思います。メンバーは馬鹿にしたり否定したりせず真剣に自分のことのように一緒に考えてくれます。就活中も、普段も、何度も助けられました。
――ではLMCの魅力を一言で言うと?
 一緒に頑張れる仲間が作れる!です。

LMCの活動の中で今までの自分になかった発言力と論理的思考力を身につけ、行きたかった企業に内定を決めました。
――では就活中の話に戻りますが、ぶちあたった壁はありましたか?

 就活が始まって最初の頃は、行きたい業界ではなく選考が早い会社をいくつか受けました。その時、初めてのES、面接、GDを体験したのですが、何も書けないし、自分が何を言っているのか自分でわからないくらい緊張してて悲惨なものでした。そのとき、このままだとどこにも受からないなと本当に思ったし、就活がほんとにヤバイなと焦りを感じました。
 そこで、いろんな人と話してインプットとアウトプットを繰り返し自分の考え方を変えていくことで、少しずつ面接も通過していけるようになりました。はじめのうちにつまずいたおかげで、改善も早かったです

――就活において何が一番大事だったと思いますか?

 論理的思考能力です。自分では身についてる実感はなかったけど、面接官の方からのフィードバックで、論理的に話せていて説得力があってよかったと言ってもらうことが多くて、これが一番大切なんだろうなと感じました。いつも言われていた、テクニックを学ぶだけでは意味がないということを実感しました。

――今後(社会人)の目標はありますか?

 社会人になったら、仕事ができてみんなから頼られる人になりたいです!
――それに向けてLMCで学んだことをどう活かしていきたいですか?
 入社して1年目はまだ何もわからないと思うので、LMCで何度も言われつづけたとりあえずやる!を徹底して、わからないことはすぐきいてスピード感をもってPDCAサイクルをまわして、どんどん成長していきたいです!

――期待しています!最後に、これから就活を迎える人へメッセージをお願いします。

 就活は1人で乗り越えられるものじゃないなって思いました!一緒に頑張れる友達や相談できる人がいるからこそ、楽しんでやれると思います!私は、楽しみながら行きたいところに就職できたし、早い時期に納得して就活を終えることができました。そのために早くから動いていくべきだと思います!頑張ってください!