N.Tさん

谷川望
出身大学 福岡大学
内定先 明治安田システムテクノロジー
就職活動を振り返ってどうでしたか?

まず、良い点としては自己分析を行うことによって自分はどういう人間なのかということを客観的に見直すことができました。自己分析は実際に企業の面接でも、自分をどれだけ知っているのかが問われるので重要だと実感しましたね。辛い面では、周りがどんどん内定をだしていっているにもかかわらず、自分の内定がきまっていないと焦ってしまい正直きつかったです。けれど、その分まだまだ自分には能力が身に付いていないんだなと思って成長意欲がつきました。

当初はどのような就職活動をしていましたか?

マイナビ、リクナビでエントリーして企業説明会に参加していました。ここで気を付けていたのは一般参加者よりも多く企業説明会に行っていたことです。私は全く業界が決まっていなかったので、とにかくたくさんの業界の話を聞きたいというのがありました。なので、毎日のように天神や、博多の会場に足を運んでいました。

LMCの入会のきっかけ

近藤こうさんの紹介で6月に入りました。実際に就活に対して不安があったり、サークルもやめていたりして楽しさに欠ける部分があったので、実際にセミナーに参加して楽しそうだなと、感じて入ってみようかなという風になりました。

LMCに参加して 就職活動で変化したことを教えて下さい。

簡単に言うと根拠のない自信がついたことです。少なからず、自信というのは顔に表れるものなので面接ではプラスになりましたね。あとは、学校の友達とは自分が面接で落ちてもなかなか話せなかったんですが、LMCメンバーとはそのような話も含めて色んな話ができるし、落ち込んでいても励ましあえる存在です。就活する上で共に助け合い、支えあえる仲間がいることは自分の中のモチベーション向上にも繋がりました。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

論理的思考力、発信力、巻き込み力などの基本的なスキルももちろん学びましたが、一番は考える前になんでもやる、自分に自信を持ってがむしゃらにやるという「考え方、姿勢」ですね。やはり、行動に移さないと何も現実は変わらないのでとにかくやる!ということを心がけていました。

その後の就職活動について教えて下さい。

自分がどういう人間かというのも自己分析等で少なからず理解できましたし、多くの時間をかけてたくさんのことをやってきたのでなにより自信を持つことができましたし、その自信が面接や、グループディスカッションで自分を前向きにさせてくれたと思います。

それで内定されたんですね。

はい!!やはり、信じ続け、ひたすらLMCで学んだことをやり抜けば必ず結果はついてくるとわかりました。

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

LMCに入って活動して何でも話せる仲間ができたことは誇りに思いますね。本当に学生生活においていい思い出ができました。なので、16のみんなにも勉強をがんばってもらうのはもちろんのことですが、LMCという素晴らしい環境で素晴らしい仲間といい思い出をつくってほしいですね(笑)