K.Nさん

中戸川香
出身大学 明治大学
内定先 三菱UFJインフォメーション・テクノロジー(MUIT) 
就職活動を振り返ってどうでしたか?

あっという間でしたね。充実してました。3月とかは凄く忙しくて、体力的に精神的にきつい時期もありました。4月になれば面接だけだったので楽になりましたけどね。3月は、エントリーシート(ES)作成と、会社説明会、面接が重なったので、大変でしたね。一喜一憂しないようにしていました。「内定取れなかったらどうしよう」とか、「LMCにいるからには内定しなきゃ!」っといったプレシャーもあったので(笑)、やっぱり3月がきつかったですね。

当初はどのような就職活動をしていましたか?

ぜんぜんやっていませんでした(笑)。一応、インターンシップに応募したんですけど、とりあえず食品メーカーの面接を受けました。気楽に話が出来たんですけど、イマイチな感じで面接が終わったら、やはり落ちちゃいましたね。そうこうしているときに、明治大学での小塚さんの就活の講演を聞きました。

LMCの入会のきっかけ

あっという間に秋になって、友人が動き出したりして焦りも出てきました。そんな時に、LMC2013メンバーのあっこに誘われて、LMCの就活イベントに参加しました。その後、勉強会へ体験参加をしてみて、そこに2012の先輩達がいて、「普通の人たちがいる組織なんだなぁ」、「頼りがいある先輩も多いなぁ」と思って、入会を決めました。受講料は気になりましたが、将来への投資だと思って親に相談しましたね。

LMCに参加して就職活動で変化したことを教えて下さい。

組織で動くときに大事なことを学んだ気がしますね。「ただ、仲良くやってればいい」って訳ではないとヒシヒシと感じましたね。常に頭を使って、計画を立てて、物事を進めるときに、サークルのようなノリではダメで、「目的は何なのか?」とかをしっかり考えるようになりました。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

就活のテクニックとか、ノウハウとかではなくて、社会人になったときに、どうのような能力が必要なのかを教えてもらいましたね。ビジネスセンスだったり、ロジカルに考えることだったり・・・。主体的に動けとか・・・。面接は慣れが大事で、訂正したり、気づく事は最終的には自分次第なので、それ以外のことをたくさん教えてもらった気がしますね。

その後の就職活動について教えて下さい。

就活はLMCで一から始めた感じですね。自分の強みが明確になって、自信がついてきましたね。小塚さんはじめ、LMCの仲間という頼れる存在がいたので、就活中に孤独感を感じた事はなかったですね。コツコツ頑張っていれば、成果が出るだろうという安心感もありましたね。

それで内定されたんですね。

そうですね、コツコツやるべきことをやってきたので、少し自信はありましたね。面接をしていく中で、「合いそうだなぁ」と思う会社には、内定することが出来ましたね。

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

先輩などは、「就活はそんな早くからやんなくてイイよ」とか言う人が多いけれど、就活は早くやるにこしたことはないと思います。もうちょっと早くLMCに入会してやってれば、「違った結果が出たのかなぁ」と思うときもありますね。就活は受験とは全く違うし、偏差値とかないし。理不尽なことが多くあるし、それに文句言ってもしょうがないんですよね。きっと社会に出たらそういうことが多くあるわけで、その延長線上に就活があるわけだから、学生気分で就活をやっちゃいけないなと思いますね。学生だから許されるってことも少ないと思うし。LMCは仲間がいて心強かったし、楽しかったし。就活が終わっても関係が続くし、内定後の活動もあるし、面白いと思いますね。まぁ、「合う、合わない」があると思いますが(笑)。でも、合わない人って、めんどくさがる人って、どの会社に行っても合わないと思いますよ(笑)。