3年生の11月と少し遅い入会でしたが、すぐにLMCに溶け込んで楽しく就活できて、第一希望だったあいおいニッセイ同和損保に内定しました。

3年生の11月と少し遅い入会でしたが、すぐにLMCに溶け込んで楽しく就活できて、第一希望だったあいおいニッセイ同和損保に内定しました。

S.U
出身大学 福岡大学
内定先 あいおいニッセイ同和損保
就職活動を振り返ってどうでしたか?

思っていたより楽しかったですね。
選考を受けていくうえで、ここが言えなかったなっていうことなど、「気づき」がたくさんありました。
また、LMCに入っていたので選考でメンバーと会えて、心強かったです。もし入っていなくて、1人だったと考えると恐ろしいですね。(笑)
就職活動を楽しく終えることができたのもメンバーのおかげだと思います。

当初はどのような就職活動をしていましたか?

私はLMCで活動し始めたのが11月なのですが、その時点ではまだ、ほとんど何もしていませんでした。
11月に自己分析を行い、自己PR作成をしていました。
12月には自己PR作成をしつつ、説明会に参加し始めました。
そして1月に入って選考を受け始めました。
一方で、それより前に入っていたLMCメンバーは12月には選考を受け始めていました。
そんな状況に焦りも感じましたが、メンバーの支えもあり、前向きに頑張りました。

LMCの入会のきっかけ

高校の友達の紹介です。
もともとLMCのような団体を知らなかったので、初めは戸惑いました。
ですが、その友達の話を聞いて、純粋に楽しそうだなーと思ったのと、就活への不安から、何か頑張りたいと思っていたので、入会を決意しました。

LMCに参加して就職活動で変化したことを教えて下さい。

1番は自分の伝えたいことをうまく相手に伝えられるようになったことですね。
だらだら話すのではなく、起承転結をつけて話すことを意識するようになりました。
また、業界の事を全然知らなかったので、ここでたくさんの情報を手に入れることができたこともよかったですね。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

GDや1分間スピーチ、新聞要約、ブログ作成、企業研究プレゼンなどをしていましたね。
1分間スピーチでは、簡潔に相手をひきつけるようにまとめる力を身につけることができました。
企業研究プレゼンなどで、プレゼンの場数を踏むことで人前で話すことに慣れることができました。
また、選考でも企業研究プレゼンをする機会があり、ここでも経験が役に立ちましたね。

その後の就職活動について教えて下さい。

このように色々な活動をしてきましたが、実際の面接では話したいことが聞かれなかったり、うまくいかないこともたくさんありましたね。
それでも面接官に自分のことを印象づけるために、いろんな工夫を重ねていきました。
例えば自己PRでは、もともと「ピーク時、店が忙しいときにうまく回していました!」と言っていたところを、「ヘルニアになるまで働いていました!」とかえてみたところ、選考を進むことができました。
言い回しを変えたり、周りと差別化することで、面接官に興味を持ってもらえると気づくことができましたね。

それで内定されたんですね。

そうですね。
説明会の時点で好印象を受けていた、志望する会社に内定をいただきました。
興味がなくても1社でも多くESを出すことや、説明会に行くことが大事だと感じました。
あとは、同業他社をしっかり調べることも大切ですね。

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

LMCは自分の頑張り次第で、とても成長できる場だと思います。
1番のいいところは、意識の高いメンバーと一緒に頑張れることですね。
この仲間たちがいたことで、きついことも乗り越えられましたし、妥協することなく頑張り抜くことができました。