T.Yさん

T.Yさん

山口智未
出身大学 中村学園大学
内定先 インテリジェンス キャリアデザインセンター
就活がうまくいった要因は何だと思いますか?

LMCの仲間がいてくれたことが就活がスムーズにいった要因だと思います。
LMCのメンバーはライバルでもあり、熱い想いを共有できる仲間でもあるので、互いにいい刺激を受けながら楽しく就活をすることが出来ました。

面接の場面で役立ったこととか、ES書く上で役立ったこと、GD対策で役だったことはなんですか?

常にアウトプットする環境がLMCにあるというのは大変役立ちました。
そもそも私はLMCに入っていなければ、自分の言葉でうまく表現することが出来ずES、GD、面接どれもうまくいかなかったと思います。
常に自分の意見を求められるLMCの環境に慣れておけば、就活で苦労することはほとんど無いと思います。

就活塾だけにとどまらない、LMCの具体的にどんな活動が、就活のどんな場面で生かされたと思いますか?

就活をしていて驚いたのは、そもそも「LMCというビジネススクールに自らお金を出し、活動している」というだけで、企業の人事や面接官からの評価が良かったことです。
LMCの活動内容を話すと凄く喰いついてくれて、話が盛り上がることが多かったです。
社会に出ることへの不安に対して、問題解決を自ら図ろうとする姿勢を評価してくださったのだと思います。

就活でぶち当たった壁をどうやって乗り越えましたか?

私は何か困ったことがあったらすぐに小塚さんに相談していました。
自分の中で悩んでいても結局答えが出ないので、社会経験豊富な小塚さんからのフィードバックをもらうことで大人の意見を自分に吸収するように心がけていました。

ただ、小塚さんはすぐに答えを教えてくれるのではなく、「自分の頭で考えろ」というスタンスの人なので、考え方を教えてもらったり、頭の中を整理してもらうことを手伝ってもらいました。
そうすることで自然と悩み解決に繋がり次のステップへと進むことができるようになりました。

LMCではない他の大学の友人の就活の様子はいかがでしたか?

LMCに入っていない友人の中でも、大人の方と会話をする機会がない友人は比較的就活で苦戦しているように見えました。
LMCメンバーは日頃から小塚さんや、LMCの卒業生で社会で活躍されている先輩方と話す機会があるので、面接で特別緊張したり、自分の言葉を表現することができないということが少ないからこそ就活が上手くいくのではないかと思います。

LMCに入会してからの自分の変化で感じたことはありますか?

就活中よく使われる言葉ですが「内定がゴールではない」という意味が、LMCに入ってよくわかるようになりました。
入会時は学歴を超える内定を取ることを目標としていましたが、ただ内定を目指すだけの学生では社会に出た際に活躍できないということを、LMCの活動を通して実感するようになりました。
「活躍できる社会人になるために」学生である今のうちに何をすべきなのか考えて過ごすようになりました。

LMCに通ったことで出来た新しい自分の強みなどはありますか?

LMCに入って「圧がある」「オーラがある」と言われるようになりました。(時々、悪口として使われているように感じることもありますw。)
LMCに入って活動していく中で少しずつ自分に自信がつき、ネガティブな思考からポジティブな思考に変わったことで「この能力?w」を身に付けることができたのではないかと思います。

LMCで活動していく中で、強く印象に残っていることはありますか?

「やる意味が分からないと行動にできない」などというワガママ頑固ゆとりな性格が、少しは柔らかくなったのではないかと思います。
というのも日頃から小塚さんに「とりあえずやってみろ」と言われ続けたからだと思います。
今では、自分の小さな視野で物事を考えるのではなく、とりあえず何でもチャレンジすることで多くのことを吸収したいと考えています。

LMCの魅力を教えて下さい!

LMCの魅力は何よりも“楽しい”ことです。
私は“熱いこと”が大好きなので、同じ目標を持った仲間が集まり熱く行動できることはとても楽しいです。
また入会のきっかけという点でLMCに魅力に感じていたのは、これまでの学生生活何も頑張ってこなかった私でも、新しく何かチャレンジできる場があったことでした。実際多くの経験をさせてもらい刺激ある毎日を過ごすことが出来ました。