Y.Dさん

Y.Dさん

出口喜規
出身大学 福岡大学
内定先 広島市信用組合
就職活動を振り返ってどうでしたか?

そうですね・・・、大変だったんですが、比較的のらりくらりやっていたので、苦ではなかったです(笑)。

当初はどのような就職活動をしていましたか?

当初は、教職も考えていたので、就活するか迷っていました。でも、どちらか決まっていなかったので、「就活もやらないとなぁ」と思って、3年生の6月にSPIの勉強を始めました。7月にも大学主催の対策講座にも参加していました。

LMCの入会のきっかけ

もともと高校の野球部の先輩の佐藤さんがLMC福岡2012のメンバーだったので、LMCの話は聞いていました。LMCのイベントにも参加しました。当初は、教職と民間就職で迷っていたので、入会するつもりはなかったのですが、民間就職を決断した際に、なんとなく自分の「けじめ」として、9月に入会をしました。親には反対されたんですが、自分で将来を考えたときに、「今、自分に投資するべきだ」と考えたので、迷わなかったですね。ちなみに、LMC東京2013の佐々木君は同じ野球部の同期です(笑)。

LMCに参加して 就職活動で変化したことを教えて下さい。

考え方が変わりましたね。ただ「有名な企業に入社したい」って思っていましたが、それはただ単に社会を知らないだけで、名前を知られていなくても、世の中には優良企業がたくさんあることを知れたのはよかったですね。

LMCでは、どのような指導を受けたのですか?

社会人としての基礎力を鍛えられました。内定がゴールではないので、社会人になってどうやって活躍していくかを教わってきました。自分は何にでも正解を求めてしまうタイプだったので、考え込む癖がありました。就活に正解はないと教えられたのは、非常に大きかったですね。すべての物事は繋がっているってことを教えてもらった感じもあります。就活も社会で活躍することも、日頃の生活も繋がっていると実感出来ました。

その後の就職活動について教えて下さい。

夏に大学のキャリア講座に参加したんですが、適当に書いたエントリーシート(ES)が、妙に評価されたり、全員に同じ評価をしたような感じがしたので、一人一人的確な指導が出来ない感じがしました。仕方ないことですが(笑)。LMCは小塚さんは必ず1対1で授業をしてくれるので、自分を把握した上でしっかり指導してくれました。大学内での講座や無料のセミナーだけでは、僕は難しいと思いますね。もともと人前で話したり、自分の意見を言うのが苦手だったので、LMCの勉強会での会議とかを経験していくうちに発言できるようになりました。しかし、当初はイベント企画の会議に参加する意義といいますか、「どう、就活に繋がるのか?」が理解できずにきつかったんですが、だんだん理解できるようになって、その後は前向きに取り組んでいけるようになりました。

それで内定されたんですね。

そうですね、5月、6月と内定をもらいましたが、最後は教育実習中に面接を受けたりしたので大変でしたね(笑)。LMCでの活動の貯金があったので、無事に内定出来た感じです。

LMCへの感想、ご意見をお聞かせ下さい。

3年生の9月にLMCに入会しましたが、もっと早く入会してれば良かったと思いますね。2014卒の後輩へのメッセージとしては、いつ入会しても成長は出来ると思いますので、3年生の12月でも、1月でも気にせず飛び込んできて欲しいです。