理系の大学院に進学しましたが、コンサルタントになる夢に向かって文系就職を目指し、自分の弱点を克服するためにLMCに入会し、第一希望だった野村総合研究所に内定しました。

理系の大学院に進学しましたが、コンサルタントになる夢に向かって文系就職を目指し、自分の弱点を克服するためにLMCに入会し、第一希望だった野村総合研究所に内定しました。

Y.T
出身大学 お茶の水女子大学
内定先 野村総合研究所、みずほ情報総合研究所、楽天、(その他多数)
LMCを知ったきっかけは何だったんですか?

私の一つ上の代、2016年卒のLMCメンバーとして活動していた、児玉しずささんから紹介して頂いたのがきっかけです。

理系の大学院へ進学をした当時、一日のほとんどの時間を研究室で過ごす毎日に、漠然とこのまま社会人になっても大丈夫かなと不安に思い「何か自分の成長に繋がるようなことをしたい」と児玉さんに相談をしたところ、LMCを紹介して頂きました。

多くの就活塾や就活支援のサービスがある中で、LMCを選んだ決め手は何でしたか?

LMCで活動するメンバーが目指すのが、内定をもらうということにとどまらず、それよりも先を見越した“社会で活躍する人材になる”ということに惹かれたからです。

私はLMCに入会する前、社会人に必要な力だけども学校の授業では学べないこと、たとえばプレゼン力などを鍛えることができるところに入りたいな、と思っていたので、元々就活塾に入ることは考えていませんでした。

そんなときに、児玉さんから「“社会で活躍する人材を輩出する”というビジョンがあって、社会に出たときに必要な、論理的思考力とか日本語力を鍛えることができるところがある。LMCに入って本当に成長できた」というお話を伺い、ここで頑張ったら私も成長できるかも!と思ったので、すぐに入会することを決めました。

また、上の代に憧れの児玉さんがいたということも大きかったです。

LMCでは具体的にどのような活動を行ってきましたか?

LMCでは週に一度の勉強会と、LMCの組織運営を行う長期インターンシップ、主に二つの活動を行ってきました。

勉強会では、自分の考えを整理するのに役立つ「論理的思考力」や、その考えを人にわかりやすく伝えるために必要な「日本語力」を鍛えることを主に行ってきました。

具体的には、お題を決めてメンバー同士でディスカッションを行い、その都度小塚さんからフィードバックを頂くということなどをしてきました。何をするにしても、教わって終わりではなく、学ぶ→実践→小塚さんのチェック→改善、ということを繰り返すスタイルだったので、とても効率よく力を身につけることができました。

また、インターンシップでは「メンバー全員がリーダー」という考えのもと、メンバー一人ひとりが、どうしたらもっとLMCが良い組織になるのか考え、話し合いを重ねてきました。

勉強会では、考える力を伸ばすことが出来るのに対して、インターンシップでは、それに加えて“組織で動くこと“を学ぶことが出来るので、頭の中で考えるだけでなく、実際に行動する力を身に着けることができたと思っています。

大学の友人など、他の就活生と比べて、どのような差がついたと感じますか?

特に、就活のために特別なことをしなくても、普段通りの自分で面接に行ったら内定を頂くことができたという意味で、周りに差をつけられたのかな?と思います。

私は、LMCの勉強会などを通して、論理的に考えて話すことを何度も繰り返してきたので、自然とそれが当たり前になり、特に意識していなくても、面接官の方から「話がすごくわかりやすいね。」とおっしゃって頂くことができました。

また、LMCでのインターンの経験や、それから得た学びをお話すると「普通はそういう経験って社会人になってから経験するものだよ。いい経験しているね。」と言って頂くことが出来ました。

゛就活のために何かする“という姿勢ではなく社会で活躍する人材になるために自分の本質を磨いていくという姿勢で取り組んでいたことで、良い結果を出せたのかな、と思っています。

LMCに入会して自分自身どのように変化したと感じますか?

一番の変化は、色んな人の価値観を受け入れることができるようになったことだと思っています。

LMCに入る前までは、何でも自分が目立ちたい、一番でありたいという“自分自身の”プライドが高く、部活やアルバイトの中で話し合いをするときも、自分の意見を通すことが目的になってしまうことが度々ありました。

でも、LMCの活動の中で、メンバーと話し合いをしていたとき、そんな私の態度のせいで議論を止めてしまうことがあり、その経験から、物事に取り組むときに大切なのは“自分自身の”プライドではなく、“成果への”プライドなんだ、と身をもって実感しました。

それ以降は、何でも良い成果に繋げるにはどうしたら良いかを一番に考えるようになったのと同時に、自分以外のメンバー一人ひとりの良い所や、尊敬できる一面に気付くことが多くなりました。

今になってみると、これまで自分のプライドを保つために、そういうところに気付かなかったというのは、本当に損をしていたな、と思います。

LMCには本当に色んなメンバーがいて、一人ひとり本当に尊敬できるところがあるので、これからもみんなの良い所を吸収していきたいな、と思っています。

納得のいく就活が出来ましたか?

はい、できました!

就活をする中でつまずくこともありましたが、結果的に、一番、働くことが楽しみだなと思うところから内定を頂くことができました。

私が就活をする上で大事にしていた考えは、いかに内定をとるかではなく、自分はどういう社会人になりたいのか、働くことにワクワクする会社で働きたいな、ということだったので、就活を終えた今、希望の会社から内定を頂けて嬉しいという気持ちはもちろんありますが、それだけじゃなく、社会に出て働くことが楽しみ!という気持ちがすごく強いです。そう思えるような就活ができたという意味で、本当に良い就活ができたと思っています。

LMCをおススメする理由があれば教えて下さい!

私がLMCをすすめる理由は、LMCは本当の自分を見つめなおして、大きく成長できる環境であるということ、また、本気でぶつかり合える仲間との出会いです。

普段の大学生活では、友達同士で腹を割ってお互いの直した方が良い所まで指摘し合うことって中々ないと思うんですよね。

でもLMCでは、小塚さんから直した方が良い所は容赦なく指摘されるし、メンバー同士では、意見が合わなかったらちょっとバチバチなっても(笑)納得がいくまで話合うし。

そういう仲だからこそ、本当の信頼関係というか、良い時も悪い時も一緒に乗り越えられる仲間になれるんじゃないかな、と思います。

なんとなく今の大学生活に満足していない人、自分を変えてもっと楽しい毎日を過ごしたい人、一緒になって頑張る仲間が欲しいという人は是非一度、LMCの活動を見にいらして下さい。一生物の経験ができると思います!

理系の大学院に進学しましたが、コンサルタントになる夢に向かって文系就職を目指し、自分の弱点を克服するためにLMCに入会し、第一希望だった野村総合研究所に内定しました。
今後の目標を教えてください!

仕事もプライベートも、全力で楽しむ、かっこいい女性になりたいです!

そのためにも、まずは残りの学生生活、LMCや研究室、アルバイト、全ての場に学ぶことがあると思うので、全部頑張って、内定を頂いた時より一回りもふた回りもレベルアップした自分になりたいです!