内定式を迎えた学生のみんなに送る6つのこと。


はじめに

17卒のみんな、内定式おめでとう。
10/1に東京本社で内定式をやるのかと思いきや、大阪、福岡会場があったり、10/3.7や11月に内定式を行う企業もあるようで、多様になりましたね。

すでに、内定者インターンとして働き、社会の厳しさを体験してる人もいますし、残りの学生生活を謳歌している人も多いと思います。
今を楽しみたい気持ち、将来に対する期待も多いでしょうし、逆に「今何をすればいいのか、社会人になることへの不安」も入り混じっているのではないでしょうか。

ここでは、LMCメンバーはもちろんですが、一般の学生さんに対しても、数多くの学生を社会人として送り出した立場としての、アドバイスをしておきたいと思います。

S__4251697

※内定式終わった人達。場所は渋谷の「1996 DOMANI」です。

とりあえず、卒業しよっか!

タイトルそのままなんですけども、LMCのメンバーは「やんちゃな」学生が多いですので、卒業が危ない学生が多いですね。
就活頑張って第一希望に内定したんですから、しっかり卒業しましょう。

よく聞くのが、履修登録を間違っていたとか、そういうケアレスミスありますので、気をつけて下さいね。
とにかく出席すること、後輩使ってノートをかき集めること。
基本は徹底しましょう。

できれば、大学で学べる最後の時間なので、興味のある授業をとって勉強して欲しいなと思います。
社会人になると「学べる」時間が限られてきますので、残りの時間を有効に使ってほしいです。

とりあえず、全力で遊んでおくか。

社会人になると長期休暇を取ることが難しくなります。
学生のうちにどんどん遊んでおきましょう。

ただ、飲み歩くだけでは時間の無駄遣いですので、バイトしてお金を貯めて旅行に行くとか、日頃できないことをして欲しいですね。
映画を見たり、本を読んだりすることもいいと思いますよ。

LMCでは野球部があったり、ジョグ部があったり、各種イベントもあり全力で遊んでおります。

壱岐旅行_8722

※夏旅行の様子

でも、メリハリが大事。

遊んでばっかりいると、すぐに頭が腐りだします。
せっかく就活中などに学んだ知識が吹っ飛んでしまいます。

特にLMCメンバーは、論理的思考力やリーダーシップなどを学び大きく成長して第一希望に内定した学生が多いですが、ここで遊んでしまうと全部忘れてしまい、入社後に高学歴な同期についていけない・・・という事態が起こりかねません。

毎日30分でもいいので、自分をブラッシュアップする時間を確保して欲しいですし、LMCメンバーなら週に1回の勉強会には毎回出席するくらいの謙虚さを持ったほうがいいと思います。

これだけでも、同期に大きな差が付けられると思いますし、配属でも差が出てくると思いますよ。

具体的にやっておくべきこと。

金融業界に内定している人は当然ですが、皆さんには日経新聞を読んでほしいです。
今でも、新聞要約を毎日私に送ってくれる4年生のLMCのメンバーもいます。

金融業界は仕事で日経新聞を読みますので基本中の基本です。

それ以外でも日経新聞は必須です。
私もサラリーマン時代は、取引先が日経新聞の記事に載っていたら、それをキッカケに電話してアポをとって情報交換をしていました。
新規開拓の場合も同様に記事をキッカケに電話してアポが取れました。

その他にも、内定先の業界によっては、資格試験などもあると思います。
ここはしっかり勉強時間を確保して取得しておきたいですね。
企業によっては試験点数を公表して競争させてるところもあるようですね。

仕事が出来なすぎても焦るな。

最近ですが、サイバーエージェントやDeNAといった、Webベンチャー系企業で、内定者アルバイトが流行っていますね。
入社して即戦力として働いてもらうための取り組みだと思いますし、いいことだと思います。

「Excelの使い方が覚えられない」
「業界用語が理解できない」
「高学歴学生の理解スピードについていけない・・・」
「この仕事何のためにやってるのかな?」
「仕事が出来なすぎてヤバい、会社で泣いてしまいました・・・」
「私にこの会社合わないのかな?」

早速ですが、内定者バイトで頑張ってる人からの相談が来ています。

こんな時にいつも言ってるのが「焦るな」です。

LMCメンバーならば、「そもそも内定後に気が緩んで頭腐ってるんだから、仕事できなくて当然だろ」と言います。
一般の学生さんなら、「初めて仕事をするんですが、仕事ができなくて当然なんです」と言いますね。

まずは、意固地にならずに素直になること。
与えられたタスクを素直にコツコツをこなしましょう。

そうすることで仕事を覚えていき、自然と心に余裕が生まれます。
全力で今のコトに取り組んで下さい。

偉そうにしてる社会人の先輩も、最初はみんな同じだったんですから。
わからないことがれば、すぐに聞きましょう。
困っていれば、困っていると言いましょう。
オープンマインドが大事です。

社員の人に質問するときのアドバイス。
「私は○○だと思うのですが、如何でしょうか?」
といった具合に、必ず自分なりの意見、考えを持ってから質問しましょう。
PDCAを高速でまわす癖がつきますし、その方が成長が早いです。

S__3883430

※ディー・エヌ・エー(DeNA)で働く社員と、最近Webベンチャーで内定者バイトはじめた人。

ビジョンが描けなくても焦るな。

学生時代にインターンや学生団体などで活発に活動していた学生さんや、LMCメンバーでリーダーとして頑張っていたメンバーは、内定者バイトに挑戦しても比較的早期に立ち上がる傾向があるようですね。

そうすると忙しい毎日でも楽しいようですが、今度は「今、自分がやることはこれでいいのか?」「自分はこの会社でどうなりたいのか?」「社員さんみたいに、意思や目標が欲しい」といった風に「内定者アルバイトの意義」を考えたり、悩んだりすることがあるようですね。

素晴らしい悩みですね。

こいういった相談が来たときも「焦るな」と言います。

就活の時に「就活の軸、企業選びの軸」を決めていたと思います。
まずはこれを思い出して目の前のことに取り組んで欲しいです。

そして、働くということは、「お客様の問題を解決すること」です。
お客様=クライアントの為に何が出来るかを必死に考えて今のタスクに取り組んで下さい。

そうしていくことで、自分の社会人としての、そして内定先での目標やビジョンが見えてきます。

目の前のタスクでイッパイイッパイだと思いますが、このことを忘れずにいれば、きっとみなさんを助けてくれると思いますよ。

さいごに

内定式も終わったことですし、これからは社会人に向けて気合を入れ直してもいいのではないでしょうか。
メリハリが大事です。
全力で卒業して、全力で遊んで、全力で学ぼう。

logo (1)

こんなLMCですが、内定実績だけは凄いと評判です。
入社してからもメンバーが表彰を受けるような活躍もしています。

「就活は本気の仲間と最高の実績を」

LMCに興味がある方は、気軽にご連絡下さいね。