skip to Main Content

DeNA(ディー・エヌ・エー)内定から思う、論理的思考力は鍛えられるということ。

はじめに

LMC東京メンバーで第一希望だったDeNA(ディー・エヌ・エー)への内定者が出ました。
LMCとしてはDeNA(ディー・エヌ・エー)は二人目の内定実績です。

和枝

最初に内定したのがLMC東京の東大院生の清水さんでした。
今回内定したのは、武蔵大の荒木さんです。 

ディー・エヌ・エー(DeNA)の荒木さんと人事とLMCの対談の様子はこちら

これまでは、「東大院生だから内定して当然(実際は本人の相当な努力の賜物なんですが)」と言われそうでしたので黙っていましたが、今回は学校初の快挙だったらしく、人事部からも「パイオニアだね」と声を掛けられたそうですし、LMCとしても多少胸を張れる実績だと思いますので、ここで思うことを書きたいと思います。

DeNA(ディー・エヌ・エー)という会社の就活難易度とは?

皆さんご存知なのは、モバゲーの会社であり、DNA検査のMYCODE(マイコード)の会社でありというDeNA(ディー・エヌ・エー)。
古くはビッターズの会社であり、モバイルの広告会社であるというDeNA(ディー・エヌ・エー)。
最近ではプロ野球球団のDeNA(ディー・エヌ・エー)ですね。

色々なイメージをお持ちだともいますが、マッキンゼー出身の南場女史が立ち上げ急成長したITベンチャーの「雄」と言って良いと思います。
総合商社や外資コンサルからも中途採用で入社する若手が多い人気企業となっています。
当然、新卒にも人気で東大、京大、早慶出身の学生が数多く入社しています。
そんな優秀な人材を確保できたからこそ、これだけの急成長を成し遂げたのでしょう。

ということで、就活の難易度も、総合商社や外資コンサル、メガバンクなど、人気企業と変わらないレベルにあると言われています。
実際に、 「リクルートを辞退してDeNA(ディー・エヌ・エー)にした」とか、そういったレベルでの様です。

会社としても「Googleレベルの採用をしよう!」という南場女史の号令の下、かなりハイレベルな選考を実施しているようです。

論理的思考力は鍛えられる!

LMCでは、「社会で活躍できる人材を輩出する」というビジョンを元に活動しています。
その中で、論理的思考力、チームワーク力を中心に据えて鍛えています。

「地頭力とか論理的思考力とかは鍛えられない!」とおっしゃる方もいますが、私の個人的な感想としては、「ビジネスである程度の成果を出すための論理的思考力は鍛えられる」と考えています。
外資コンサルでロジカルシンキングの講師をしていた後輩に話を聞いても、「うちの若手のコンサルタントでも、教えたくらいではほとんど出来ませんよ。 現場で実践を積んで怒られて、修正していくことで身に付くんですよ」と、言っていましたし。

LMCの論理的思考力の本格的な訓練の様子はこちらをどうぞ。

DeNAの選考は「論理的思考力」をかなり重視した選考をしていると言われています。
実際、ロジカルな方が内定し、実際に働いている方もロジカルな方が多いと思いですよね。

そんな選考基準のなかで、かずえちゃんもDeNA(ディー・エヌ・エー)の人事から「能力的には問題ないので、うちへの入社意志を固めてね」と言われていました。
この話を聞いた時にやはり「論理的思考力は鍛えられる」と確信しました。

当初は何が言いたいのかわからなかった

良くしゃべる子でしたが、何が言いたいのかわからないレベルのコミュニケーション力でした。
自分のいいたい事がまとめられずに、思うがまましゃべっている印象でしたね。

「そもそも、何が言いたいの?」と、基本的な問いかけから指導がスタートしたと思います。
成長に合わせて、物事や考えを整理すること、全体を俯瞰することなどを、少しずつ教えていきました。

頻繁にインプットとアウトプットを繰り返していきました。
もちろん、日経新聞を読むなどの宿題は別途ありました。

しばらくすると、話す内容が簡潔でわかりやすくなるという変化が出てきました。

面接に一度も落ちることなく内定し、就活も終了。

ある程度の論理的思考力が身に付いた彼女は、就活がスタートして選考を受けても落ちることなく第一希望だったDeNA(ディー・エヌ・エー)に内定しました。

東大、慶應、早稲田など一流大学の学生とのグループディスカッション(GD)やグループワーク(GW)でも怯むことなく突破していきます。
「いやぁ、高学歴の人って頭の回転速いですね!」と言いながらも通過していきます。

集団面接でも、「みなさん高学歴なのに、イケメン、カワイイ子がいて、しかもエピソードも凄いんですよ!あぁ・・・」と言いながら通過していきます。
個別面接では、フェルミ推定やかなりの深堀り面接で「ダメでした・・・私、頭悪すぎです・・・」と凹んでも通過していきます。

結局、自分で気付かない間に、内定レベルの論理的思考力が身についていたということです。

もちろん内定するには論理的思考力以外も必要

当然ですが、彼女の魅力は論理的思考力だけではありません。
情熱的な方ですし、自分のメッセージを持っている方です。
第一印象も良いほうだと思います。

ちなみに、特別な学生生活をしているわけでもありません。
居酒屋でのアルバイト経験と、年に数回しか活動しないバンドのボーカルといった具合です。
後はゼミの活動があるくらいです。

しかし、向上心を強くお持ちでした。
これが一番の魅力だと思います。

諦めずに論理的思考力を鍛えよう

エントリーシート(ES)や面接で評価されるためにも、物事を簡潔にまとめたり、わかりやすく伝える能力って大事だと思います。
その為には論理的思考力って大事な要素だと思うんですね。

エントリーシートの書き方や自己PRの添削など、「就活のテクニック」を磨くのではなく、論理的思考力のような「基本的な社会で必要な能力」をコツコツ鍛えた方が、内定への近道であると思う今日この頃であります。

その成果もあって下記のような内定実績を出しています。

内定実績画像

今からでも遅くないと思います。
お気軽にお問い合わせ下さい。

Back To Top