人事部と「就活塾やキャリアセンター」について話してみた。


最近、業界No.1の企業であったり、東証一部上場の企業人事部の方が、LMCの学生に対して説明会を開催してくれるようになりました。LMCのOBが入社していて頑張っていたり、内定者が優秀なようで人事部から注目されたようです。彼らの学生時代の活動を深堀していくと、LMCという共通点があったようでLMCでの説明会に繋がりました。そういった中で、人事部の方と会話していると、「LMCメンバーは面接でもグループディスカッションでも、自分らしさが出せている。ありのままの自分を自分の言葉で話せている」という話題になりました。今回はそのことについて書きたいと思います。
19344
 

就活塾やキャリアセンターに通っている学生はわかる。

面接をしていて「違和感」を感じるようで、すぐに「この子、就活塾やキャリアセンターに通って添削してもらっているな」とすぐにわかるようです。そのこと自体は問題ないそうなんですが、第一印象とは違う不自然に出来過ぎた自己PRだったりすると「違和感」を感じるそうです。具体的な数字などが盛り込まれていたり、リーダーを経験したりして一見素晴らしい自己PRですが、話を深堀するとすぐに化けの皮が剥がれてしまうそうです。

 

就活テクニック天国

就活塾が増えていますし、キャリアセンターに人事出身、人材業界出身、特にリクルート出身の方が在籍するようになり、就活のテクニックが一般化されてきました。有料サービスだけではなく、無料サービスでそういったテクニックが提供されるようになり学生に広まっています。また、内定者による就活支援の学生団体なども数多く存在し、就活テクニック天国状態です。

 

無料で就活サポートをする会社も登場

無料の就活サポートを提供する代わりに、採用力の低い企業の説明会に参加させて企業から学生の紹介料という名目でビジネスを展開している企業も増えてきました。中には体育会系の部活動や学生団体との関係を強化して、手厚いサポートを提供する代わりに、契約している企業の受験を勧めるといったビジネスモデルの会社も登場しています。

 

今ある能力を引き出すには就活塾、キャリアセンターでも十分

就活のテクニック、情報はある程度必要だと思いますし、能力そのもの が十分に高い学生さんはそれで内定できると思います。面接官も違和感なく話が出来て会話が弾み、能力を評価できると思います。能力がそもそも高い学生さんは添削してもらっても自分の言葉で話すことができるので、違和感がありません。

 

能力が底上げが必要な学生さんが大多数である現状

企業が求めるレベルの能力を持っている学生さん、希望する企業が求める能力をすでに持っている学生さんは少数派で、能力的に大きく不足している学生さんが多いと思います。そういった学生さんが就活のテクニックや情報を求めて就活塾やキャリアセンターに通っても思ったような成果が出ないことが多いようです。
添削してもらった自己PRを丸暗記して棒読みだったり、添削された意図を理解しないまま面接に臨むので、面接の受け答えで化けの皮が剥がれて落選してしまいます。結果が出ないと「自分には合わないサービスだった」とサービス提供側を否定し、他のサービスに鞍替えしたり、逆に自分一人で就活を続けてしまうという負のスパイラルに陥ってしまうことが多いようです。

 

正直にありのままの自分を語って欲しい。

人事部の人が言うには、「ありのままの自分を語って欲しい」ということです。どんな能力を持っているのか、どんな価値観を持っているのかが知りたいのでそれを自分の言葉で語って欲しいそうです。
しかし、ありのままの自分を語って内定するのは、ごく限られた優秀な学生さんだけになってしまいます。ではどうすればいいのでしょうか?
それはありのままの自分のレベルを底上げすればいいのです。この発想をお持ちの学生さんが非常に少ないと思います。ありのままの自分を語って内定すればいいのですから、自分を鍛えるだけでいいのです。自分を鍛えることは苦しく、辛いこともあると思いますが、その苦労、挫折を企業は求めています。また可能であれば、仲間と切磋琢磨しながら能力を底上げして欲しいです。

 

参考になりましたでしょうか。就活塾やキャリアセンターは、企業が求める能力がある学生さんにとっては、非常に有効なサービスであるし利用する価値は高いと思います。しかしそもそも企業が求めるレベルに達していない大多数の学生さんにとっては、頼り切ってしまうのは非常に危険なサービスであると言えます。
しっかりと自分を分析して、不足している能力は何なのか、どうすれば鍛えることができるのかを正確に把握することが大切だと思います。

おしまい