就活が解禁したので、 企業説明会の楽しみ方を伝授!


12月になりました!2015卒の就活が本格的にスタートしました。12月1日に一斉に合同企業説明会が開催されました。各新聞やニュースを見ていると、景気の好転から積極採用の兆しは見えますが、優良企業に関しては「厳選採用」の姿勢は崩していないと言ったところでしょうか。

730885657231 

 

上位校にはすでに有名企業が学内企業説明会を開催済み

公式、非公式を含めて上位校ではすでに企業説明会が開催されています。日経新聞の就活探偵にも取り上げられていましたが、内定者主催の座談会という形での会社説明会も開催されているようですね。企業の優秀な学生の囲い込みは熾烈を極めています。

 

上位校にはとても手厚い説明会

上位校の学生さんには、個別に学校単位の企業説目会が別途開催されます。会社案内のパンフレットもその学校の専用に作られていて、現役の社員の紹介もその学校のOB/OGだけで構成されています。企業によっては記念品のボールペンに名前の印鑑までついたものを作成しています。そこには内定者もいて、就活の相談にのりながらがっちりハートをつかんでいきます!

 

合同企業説明会は人が多すぎで、数社しか話が聞けない

ニュースでも大勢の学生が行列を作って入場待ちしているとありましたね。今年は去年よりも合説に参加する人が多いようですね。それだけ、就活に対する危機感が増しているのだと思います。大学もキャリア講座を積極的に開催して危機感を煽っていますし、いい傾向だと思われます。

 

企業説明会に来ている人事、現場の社員さんと話そう

企業説明会では、積極的に人事や担当者の人に話しかけていきましょう。過去には企業説明会の一番前に座って質問して、学生がほとんど帰るまで粘って、人事の方や担当者の手が空いた時に話しかけて質問しているLMCメンバーもいましたね。その人は、食品メーカー含めて面接で落ちることはありませんでした。

 

顔と名前を覚えてもらえる

何でも同じ会社の説明会に顔を出していると、顔と名前を覚えてもらえる場合があります。参加の回数をカウントしている会社もあるようです。第一希望の会社の説明会は何度も参加する価値はあるかもしれないですね。

 

合同企業説明会に参加しなくてもいいよって言う先輩

就活を終えた先輩でよく「合説には行く意味ないよ」っていう人いますよね。実際、一理あると思います。入れないし、待つし、数社しか話聞けないしとあまりいい思い出はないと思います。ですので、参加する際は、「この会社の話を聞く」と目標をしっかり決めて参加することをお勧めします。また、一人では全部回れないので、友人とスクラムを組んで行うことをお勧めします。お互いに希望する企業を回って、その情報を交換するといった具合です。LMCでも毎年数十名で参加してみんなで情報交換しています。

 

合説では、女子のスーツはスカートですか?パンツですか?

よく聞かれますが、どっちでもいいと思います。しかし12月のこの時期は寒いですから、パンツスーツに下はユニクロのヒートテックのステテコはいて臨みましょう!

 

就活も本番。
みなさん頑張っていきましょう!!