就活を間近で見て気づいた、就活生さんへのアドバイス


5月も終わりになりましたね。LMCメンバーのほとんどが内定をもらっているようです。就活を終えた人、もうちょっと続ける人、まだまだ頑張っている人様々です。
2015卒メンバーを見ていて、またその友人の就活の様子を詳細に聞いていて思うことがありますので、書いてみたいと思います。就活中の学生さんはもちろんですが、来年の2016年度卒の学生さんにもお役に立てるかと思います。

就活生を取り巻く外部環境から

アベノミクス効果もあり景気が回復傾向にあるようですね。例年より多くの企業で去年より採用数を増やしている実感があります。しかし、人気企業の採用のハードルは相変わらず高く、特に影響はなさそうですね。油断せずにしっかりと就活していくことをオススメします。

性格の良し悪しは内定に関係ない

「あの人、凄くいい人なのに、何で内定しないんだろ?」とういうことや、逆に、「えー!?あの人、あそこに内定したの??」といったセリフをよく耳にしませんか?よくあることのようですね。
これにはいくつか考えられますが、近くで学生さんを見てきた感覚からの感想だと、「いい人=自分の意見がない人」というパターンの学生さんの場合が、就活に苦労しているように感じます。こういった学生さんは、非常に周囲に気を使い、優しい人柄であることが多いので、多くの人から好かれる、もしくは嫌われない人だと思います。
しかし、採用する面接官からすると、初対面なわけですから、「何を考えているのかわからない」、「もっと自分の意見、価値観を教えて欲しいのになぁ」といった印象になるのではないでしょうか。

面接の時は、俳優(女優)になったもの勝ち

良いのか、悪いのかは別として、面接時は、「元気で明るく、ハキハキと、ポジティブに、チャレンジ精神旺盛で、ストレス耐性もあり、リーダシップもあり、自分の言葉で話す」ことが出来た人が内定しているように思います。実際は、極端な例だと、「ナイーブで、ストレス耐性もあまり強くなく、保守的で、リーダーでもなく、それほど友人が多くない」といった人でも、面接では、しっかり作りこんだ自己PRや志望動機を、まるで別人のように話せる人が内定しているようですね。※こういったことを推奨しているわけではありません。

みんな隠れて必死にどりょくしてる

就活で成功している人で、「あの子就活やる気なかったのに、以外」っと人いませんか?色々と話を聞きましたが、結構な割合で隠れて努力しているようですよ。OB/OG訪問を30人近くやっていたり、睡眠時間3時間くらいの生活を5ヶ月間続けて集中したり・・・。凄い人だと、就活の手帳を12月~5月以外は破り捨てて、この期間しか就活しない!と決めている人もいたようでした。友人には「自分が必死に頑張っていることは、知られたくない」という思いで、必死に隠しながら、必死に努力したそうです。内定するのも納得ですね。
しかし、困ったもので、こういった学生さんが後輩に就活のことで相談されたら、「就活はそこまで頑張らなくても内定できるから、早い時期から準備なんてしなくていいよ」的な事を言うそうです。お気をつけて。

報われない努力もある

必死に企業研究しても、希望企業の採用したい人物像に自分を近づけても、内定できないことはあります。面接での受け答えが完璧でも落ちることもあります。相性というものがあります。最終面接まで進んだのに、面接官があまり興味をしてしてくれなくて・・・で落ちることもあります。また、業界、業種的に向き不向きもあるかと思います。希望業界で選考が進まない時は、ちょっと立ち止まって受験している業界自体の再考をオススメします。

就活は就活が始まった時には、勝敗は決まっている

ダイヤモンド・オンラインの記事にも出ていたかと思いますが、やはり就活が始まる前の段階で、ある程度就活の勝敗が決まっているような感じがします。下の図を見ると、「人前で話すことが好き」と答えた人と「人前で話すことが嫌いだ」と答えた人との内定実績を差が顕著ですよね。

 img_0bdb8a00ba485a5974d278ca9113a4d741503
※出典 ダイヤモンド・オンライン

こういったデータを見ると、就活が始まる前に勝負が付いている感じがしますよね。LMCでは半年以上の時間を掛けて、こういった基本的な能力、価値観を変化、成長させてる活動を行っています。

就活が始まる前にいかに早く企業が求める人材に自分を変化させられるかが重要になると思います。

就活を通じて学生さんは大きく成長すると思います。人まで話すことが苦手な人でも、まず多くの面接を経験していけば、慣れてきます。そうしていくうちに自分らしく受け答えもできるようになるのではないでしょうか。諦めずに頑張ってくださいね。2016卒の皆さんも参考になると思いますので、今のうちからしっかりと準備しましょうね。