skip to Main Content

就活の面接で落ちる意外な理由とその対策とは!?


※オープンマインドな人達ww

 

面接してると根拠はないけど「違和感」を感じることある

面接をしていて、「違和感」を感じることがあります。

「イマイチ、何考えてるかわからないなぁ」
「うーん、なんか違うなぁ」 

LMCメンバーと話していても感じることがあります。

「成長が鈍いなぁ」
「何考えてるかわからないなぁ」

このような人を面接官の時は、1次選考など初期の段階では通過させますが、最終面接の時は落とします。LMCメンバーの場合も同じように、1次面接などは通過しているようですが、最終的に内定という結果が得られない子が多いです。※最終的には全員内定していますが。

 

「違和感」の原因はオープンマインドの差

日常生活では、友人も多く活発で行動的な子であっても、この「違和感」がある子は就活で苦労します。この「違和感」の理由は明確です。

「オープンマインドでない(心を開いていない)」

当然、古くからの友人などは、その限りではないのかもしれませんが、基本的に「心を開いていない」ようです。稀に、本人に自覚がない場合もありますが、基本的にはある程度は自覚しているようです。

企業は「一緒に働きたい」と思える人を採用したいものです。学生さんの過去の経験や能力は、まずはその前提あってのものです。

「聞かれたことにちゃんと答えたのに、面接で落ちた」と落ち込む人も多いと思います。そういう場合は、面接官が「違和感」を感じているからだと思ってよいでしょう。

「どんな人なのか、わからない」

いくら添削してもらって素晴らしい自己PRを作っても、数多くOB/OG訪問をして素晴らしい志望動機を作っても、伝える学生さんが「どんな人かわからない」って感じだと、全く意味のないものになってしまいます。

この「違和感」はある程度社会人としての経験がないと感じることは難しいと思います。最終面接くらいになるとベテランの社員さんが面接官であることが多いので、「違和感」を感じて落選させると思います。事実、こういった優秀だけれども「オープンマインドでない」学生さんは、最終面接で落選することが多いです。

 

「違和感」の感覚はやっぱり当たる確率が高い

 で、「違和感」を感じた子が実際どうだったのか?って話だと思うのですが、よーく話し込んでみると、やっぱり考え方が偏っていたり、ストレス耐性が無かったり、頑張った経験が無かったり、コミュニケーション力が不足していたり、意志が弱かったり、そもそも嘘ばっかりだったり、信頼関係が気付けていなかったりと、ネガティブな要素がだいたい出てきます。

「あー、やっぱりねぇ」

と思うことが多いです。

価値観的に成熟していないんだなぁと感じます。早い段階で気付くことが出来れば、しっかり話して価値観を成長させる指導を行いますが、就活終盤だと間に合わないことが多いです。
 

 

面接官は、学生さんが「やってきたこと」よりも、「どう感じたのか?、どう考えたのか?」といった価値観を知りたいと思っています。
自分の価値観を自信を持って話せるように、日々の生活を充実させましょう。
そうすれば「オープンマインド」になれると思いますよ。

 参考になれば幸いです。

Back To Top