就活の基礎力=社会に必要な基礎力


はじめに

LMCに入会しているメンバーの生の声を紹介しています。
就活の準備のため、社会で活躍するためのスキルアップとして、または、就活塾をお探しの方など、LMC入会をご検討の学生さんの参考になれば幸いです。

自己紹介

こんにちは。初めまして!
LMC東京2015、お茶の水女子大学の恵里子です。つい先日LMCに入りました(^^)
初めてブログを書くので、少しだけ自己紹介をさせていただきます。
 千葉県出身で、ディズニーランドに近い方に住んでいます。
LMCには同じ大学の大学院の先輩に誘って頂きました♪
中学から吹奏楽を始めて中学・高校ではフルート、今はファゴットという楽器を吹いています♪
どんな楽器か気になった方は、下の写真をぜひ見てください!
 LMCブログ

※写真は吹奏楽サークルの夏合宿で演奏した時のものです。
左から2番目が私で、茶色の細長いのがファゴットです。
これを機に楽器の知名度が上がるといいな…笑

基礎が大事なのは全てに当てはまる

ここからは私が入会しようと決めた、そのきっかけのひとつを書こうと思います。
LMCの特徴の1つに、論理的思考力やチームワーク力、発信力など、社会人に必要な基礎的能力を鍛える、というのがあります。この話を聞いて、私は高校の恩師の言葉を思い出しました。
それが「圧倒的基礎力」です。圧倒的基礎力とは、小手先のテクニックではなく、十分に、十二分に鍛えられた基礎的能力を指していたと思います。
恩師は受験勉強の方針として、圧倒的基礎力をつけることの大切さを教えてくれましたが、これはあらゆることに当てはまることだと思います。
要は「基本が大事」という、よく言われていることですが、

基礎力不足により部活で挫折したことのある私には、とても印象的な言葉でした。

基礎を疎かにして落選した経験

中学生の時に吹奏楽部で、「表現などの応用能力は優れているけれど、基礎的能力は他に優れている人がいる」という理由で部内のオーディションに落ちたことがあります。
応用のテクニックにばかり気をとられ、基礎を疎かにしてしまったために、このような結果になってしまいました。

またこの数年後に、私がオーディションの審査をする側になったのですが、同じ理由で後輩を落としたこともあります。
審査する、選び出す、というのは難しいことでしたが、その基準として基礎はとても重要なものでした。基礎の大切さを思い出して、就活についても基礎力を身につけたい、と思いました。

就活における基礎力とは何か、どうしたら鍛えられるのか…?

就活の基礎力=社会に必要な基礎力

そこでLMCです。
LMCのセミナーなどを受けるうちに、就活は学生から社会人になる過程であり、就活に必要な基礎力=社会人に必要な基礎力ということがわかりました。
私ひとりでは鍛えるのは難しいと思い、LMCに入ることにしました。
 
以前は就活を目標としていて、就活の後、社会人になってからについてはほとんど考えていませんでした。
LMCを知らなければ、このように就活に対する意識が変わったり、自分を鍛えようと思うことは無かったのでは、と思います。
 
まだほとんど活動できていないのですが、これからできる限り活動して、就活までに少しでも成長していきたいと思います。
LMCのみなさん、これからよろしくお願いします!