はじめまして!


こんにちは!
LMC福岡2015、九州産業大学の瀧口隼樹です。

10月からLMCに入りました!
初めてのブログなので、少し自己紹介をさせていただきます。

出身は山口県で、防府市というところに住んでいました。
のどかで過ごしやすいので、地元が大好きです。
小学校と中学校ではサッカーをして、高校からはハンドボールを始めました。
どっちの競技も仲間に恵まれて、楽しかったです。
小・中・高とスポーツをしてきたのですが、サッカーとハンドボール以外のスポーツは得意ではなく、下手です。
しかし、自分が下手なスポーツほど楽しいって思うのは私だけでしょうか?(笑)
これを話すと、周囲からはMだねってよく言われます。
けど、私はMではないと信じています。(笑)

この画像はゼミの沖縄旅行の時に撮った一枚です。
一人だけ顔をはめる場所が無かったので前で撮りました(笑)

t02200165_0800060012730927601

以上が、自己紹介となります。
ここからは、LMCに入ってからメンバーと話して感じたことを書いていこうと思います。

 

他の学生とLMCメンバーの違い

特に強く感じたのは、大学の友達とLMCメンバーの意識の違いです。
最近、大学の友達と話す時も、就活の話になることが多いです。
しかし、ほとんどの人が話す内容は
「就活ヤバいよね」
「就活どうなるんやろうか」
など、まるで他人事のような内容ばかりです。
具体的に就活に向けて何かをしている、と話す人はごく少数で、ほとんどの人はただ単に、友達と不安を共有したいためだけに就活を話題にしているように思えます。
では、LMCメンバーはどうだったのかというと、そもそも「就活」というワードが出てくることが少なかったのです。
私が就活の話題をLMCメンバーに振ってみると、
「面接練習がまだ苦手」
「自己PRを今作っている」
などの、不安を煽るものではない具体的な答えが返ってきました。

なぜ、LMCメンバーからは具体的な答えばかり返ってきたのでしょうか。

 

LMCメンバーの考え方

そもそも、就活が不安じゃない学生なんていないと思います。
しかし、LMCメンバーは就活を漠然と「怖い」と感じるのではなく、就活という大きなイベントを細分化することで、自分自身が今何をすべきかを明確に捉えて、行動することが一人一人できているのだと思います。
そして、就活をゴールではなく、さらにその先を見据えるようにLMC全体が活動していることで、メンバーの意識が高くなっているのだと感じました。
こういった意識の高さが、大学の友達とLMCメンバーの決定的な違いだと思いました。

 

メンバーの一員として

そして今、私はLMCのメンバーの一人となりました。
私も他のメンバーと同じように、意識を高く持ち、自分自身を高めていきたいです。
ここなら成長できる。
LMCのみんなを見て、確信できました。
これから、みんなと仲良くなりながら、時に切磋琢磨しあっていく、仲間であり良きライバルでありたいです。
これからよろしくお願いします!