今から就活に真剣に取り組もうと考えている人へ


こんにちは。
LMC2015、福岡大学の副島です。
先日福大キャンパスで七隈祭がありました。
僕はサークルに所属していなく模擬店を出店していなかったため、普通に七隈祭に遊びに行く気でいましたが全部バイトを入れられてしまって行くことができませんでした。
メンバーの何人かは七隈際に遊びに行っていてとても楽しそうだったので残念で仕方がありません(泣)
来年はぜひ行きたいと思います!!

これは、先日大分合宿に言った時の写真です。
学ぶことも多かったし、とっても楽しかったです。
また行きたいな(笑)

t02200165_0800060012749364640

今回は、今から就活に対して真剣に取り組もうと考えている人に向けて書きたいと思います。

就活に本当に大切なのは

就活一斉スタートまで一か月切った現在改めて言うと、僕たちが、何のためにLMCでがんばっているのかというと、就活を成功させるためです。

こういうと語弊が生まれてしまいますが、LMCに所属する僕たちが考える就活を成功させるとは、内定することはもちろんのこと、社会に出ても活躍できる人材になるために日々自己成長していくことを指します。


就活を成功させるとは何なのかは人それぞれ価値観があるから違うにしても、これだけは自信もって言えることがあります。

周りをみると、エントリーシートの書き方だったり、自己PRの書き方だったりテクニックだけの就活の対策をしようと考えている人が多いですが、就活を成功させるために大切なことはそうではないと。
就活を成功させるために大切なのは、人としての姿勢や考え方であるということを伝えたいです。

先日、某企業の人事部の方がLMCの勉強会で単独説明会を行ってくださったのですが人事部の方もそのようにおっしゃっていました。

人事部の方からのお話

僕たちは席に座って話を聞いていたのですが、人事部の方は目を見ればその人が何事にも執着して全力で取り組んでいるのだろうということがすぐにわかるとおっしゃってました。
面接をして深堀されたわけでもなく、GDの取り組み方を見て判断されたわけでもなく、目を見るだけで、その人の印象が決まったりその人がどんな人物なのかある程度わかるそうです。
それは残念なことにLMCのメンバーでさえも、目を見るだけで、がんばっている人とそうでない人の差が表れていることが判断できると指摘されました。
第一印象で何事にも執着して全力で取り組んでないと判断されれば、面接でいくら良い自己PRを言っても何か違和感を感じるし、深堀をしていくうちに、内容がない自己PRだということがすぐに分かるとおっしゃっていました。

就活塾などに通い、何も活動していないのに作ってもらったり、添削してもらった自己PRを言えばいいやと思っている人は特に危ないのではないのでしょうか?
誤解を招くといけないので言っておくと就活塾はだめだと批判しているわけではありません。

講師の小塚さんも、来てくださった人事部の方も言っているのですが、採用側が見ているのは自己PRの内容というより、その人の活動に対する姿勢や考え方なのです。
それだけは頭に入れておいたほうがいいと思います。

振り返ってみて

人事の方からのお話を聞いて、就活に成功させている先輩方の姿勢や考え方はどうだったかを振り返ってみました。
あげてみるときりがないので3つだけ絞ってあげてみると、

①現実・現状を真摯に受け止める素直さがある。
②普段の活動から何事にも真剣に取り組んでいて、自然と周りを巻き込んでいる。
③学ぶだけではなく、きちんと行動に移している。

これをみただけでもLMCの先輩方の内定実績が100%なのも納得できますし、今も成長のためにLMCの活動に貢献してくださっている先輩もいて本当に尊敬しています。

今の自分たちの状況と比べてみて

先輩たちがどのように考えていてどのような姿勢で取り組み、最終的に就活を成功させたのかは、僕たち15卒のメンバーは把握しているのにもかかわらず、今の僕たちは全員が何事にも全力で取り組んでいるのかというと、正直できていないところもあります。
実際、人事部の方からメンバーの中でも差が出ていると指摘されたとき、自分はできていないメンバーだと思いました。
それは、就活始まるのが近づくにつれて焦りがあったからかもしれません。

でも今は違います。
会議で自分たちの取組みにもっと自信を持ってみんなで頑張ろうということを再確認したから、今は何事にも全力で取り組んで就活成功させてやるぞっとの気持ちでいっぱいです。
目の色変えてがんばりたいと思います。

長くなりましたが、LMCでは本当に成長できる環境とキラキラした仲間がたくさんいて毎日いい刺激を受けています。
今から就活を考えている人で、成長したいと思っている人はぜひ一緒に活動していきたいと僕たちは思っています。
目指せ九州ナンバーワンのホットスポット。