アウトプットの重要性


こんにちは!
LMC東京2015、武蔵大学の梶田成彬です!

近頃は、布団から出るのが本当に辛い季節になって参りましたね。布団の誘惑に打ち勝つためにはどうしたらいいんですかね。(笑)

LMCブログ

写真は、初めての松坂牛!☆

 

新しいことを吸収するためにもまずは出すこと!

さて、最近体感していることは、出し惜しみせずがんがんアウトプットしていくことです。
このブログを書くという行為もそうですが、出せば出すほど新しいものが入ってくることを日々実感しています。
逆に言うと、出さないと同じところをぐるぐるループしている感じです。
全部出すことで自分の中が真空状態になり、その状態を埋めるべく勝手にどんどんインプットされていきます。そしてそれをまた出す、これの繰り返しです。

例えるなら、「深呼吸」です。深呼吸するには、まずは息をしっかり吐きださないといけません。

 

アウトプットするメリット

ではアウトプットすることがなぜ重要なことなのか、大きく分けて2つのメリットがあります。
まず一つ目は、理解したか判断できて尚且つ記憶に残るからです。
内容をきちんと理解しているかどうかを判断する方法として、自分の言葉で説明できるかどうかは良い判断基準になります。
インプットした内容をアウトプットするためには、内容を咀嚼して、構成し直して他の人が理解しやすいように説明しなければなりません。その過程で、自分の理解も深まります。
インプットするだけでは記憶に残らないことでも、アウトプットすることによりはっきりと記憶に残るようになります。

次に二つ目は、人の役に立つことだからです。アウトプットすることにより、それを読んだ人が新たな情報を入手できます。自分がアウトプットすることにより、元の情報を提供した人にも、アウトプットを受け取った人にも役に立ちます。

 

LMCでの活動はアウトプットする貴重な機会

LMCで活動しているとアウトプットする機会が多々あります。これはとても貴重なことで、自分が日々成長していることを実感できる、材料のひとつとなっています。
皆さんもアウトプットをしてみてはいかがでしょうか。
最近、行き詰って、ため息ばかりついていませんか?
まずは、深呼吸してみてください。