大手企業が教えてくれた、主体性の大切さ


こんにちは!LMC福岡2015福岡大学の近藤です!(※TIS内定) 
12月になり気温も大分下がってきましたね。宅配のバイトをしているのでこの時期はつらいですw大分合宿のときの写真です!

       t02200165_0800060012754917496

さて先日、東証一部上場企業のブライダル企業のアイ・ケイ・ケイ(IKK)さんがLMC福岡で単独説明会を開催してくださいました!LMCメンバーで内定者がいたり、インターンに参加した2015のメンバーが好印象だったので、今回の開催の運びとなったそうです。また、LMCが就活塾ではなくビジネススクールとして実績があることも決め手になったそうです。グループワークや質疑応答を通してIKKの魅力や経営理念を知れ、 また人事の方からも大変貴重なお話も聞けとても学ぶ事が多かったです。本当にありがとうございました!

 

印象に残ったお言葉

人事の方のどのお話も勉強になりましたが、その中でも特に印象に残っている言葉があります。

それは『戦略ありきではなく自己成長ありきの戦略』というお言葉です。

アイ・ケイ・ケイ(IKK)は「20年後、世界を代表する感動創造カンパニーになる」という目標を掲げていて、 その目標を達成するために一番大切なのは海外展開が事業拡大などではなく「人」、 「一人ひとりが本気で目標達成を目指すこと」と仰っていてました。確かにどれだけ素晴らしい戦略を立てようとも、目標に向かって本気で取り組む姿勢が意識共有が出来ていなかったら行動に結果がついてこないと思います。

 

誰でもなく自分が!

また行動をする際には、上司でも同僚でも部下でもなく 自分から動いていくことが大切だとも仰っていました。「他の誰でもなく自分が!」と思うぐらいの主体性を持たなければ周りの人たちも動きませんし結果も出ません。 誰かがやってくれるだろうと思っていても目標達成などできず 成長にも繋がらないと思います。当事者意識というのも同義語だと思います。

これらは仕事や就職活動に限らずとも大切なことですよね。これからは何をするにしても他の誰でもなく自分が動く、 自分が変わると思い行動していかなければと思います。これらの説明会で学んだ事を活かせるように日々意識していきます。日頃から意識して活動していくことで、どのような場面でも主体性、当事者意識を発揮できるように鍛えていきたいと思っています。アイ・ケイ・ケイ(IKK)の皆様、お忙しい中本当にありがとうございました!