組織への貢献を自己成長に


こんにちは!
LMC福岡2015、西南学院大学の山崎優希子です。

あっという間に就活解禁です!
昨日は合説に行ってきました。
会場は驚くほど人が多く、九州だけでもこんなにライバルがいるのかと 改めて気合いが入りました!
まだまだ準備できていないことがいっぱいで、不安が募るばかりですが、 焦らずやるべきことをやっていこうと思います。

就活前にメンバーとクリパしました♪♪
 先取りですが・・・。笑
プライベートも充実です(^^)☆

t02200165_0472035412768428748

今私たちがやるべきことは2つあります。
一つは自分自身のために動くこと。
そしてもう一つは組織のため動くことです。

今回は組織のために動くことについて書いていきたいと思います。

成長につながったプレゼン

どちらも自己の能力を伸ばすために必要なことですが、 就活がスタートしたこの忙しい時期に 組織のために時間を裂けないと思う方もいると思います。
そして誰しも時間に追われると前者を優先してしまうのは当たり前のことかもしれません。

私もその傾向にあるのですが 先日身を持って、組織の活動に携わることが自己の成長に繋がると感じたことがあります。

それは前回のセミナーで、プレゼンをさせていただいたときのことです。
私は人に考えや思いを伝えるのが苦手で、どうしてもプレゼンとなると緊張してしまいます。
準備する時間も余りなく不安だったのですが、 セミナー参加者に少しでも私たちの活動を伝えたという気持ちでのぞみました。

結果的にプレゼンは上手くいかなかったのですが、 そのあと小塚さんにフィードバックしていただいて、 この過程が大事だと思いました。

上手くいかなかった原因は、伝えたいことが明確でないことでした。
プレゼンとなると力が入って伝えたるべきことを頭の中で整理できていませんでした。

行動が成長につながる

これはこの場だけの問題でなく、 日頃の行動の一つ一つを常に考え、頭の中で整理しておくことで、 どんな状況でも頭の引き出しから伝えるべきことを明確に引き出せるのだと教えていただきました。

自己成長に繋がるかは、自分の行動次第ですが、 今回組織の一員としての行動が、自分の欠点を改善するためのヒントになりました!

これはほんの一例ですが、考えてみるとLMCの活動の全てに自己成長に繋がるヒントがあって、組織として活動できることをもっと大切にすべきだなと感じました。

焦る時期だからこそ、やるべきことをコツコツやって、 自分の能力を磨いていこうと思います