銀行の人事の人が教えてくれた「とりあえずやる」大切さ


こんにちは! LMC福岡2015福岡大学の美里です!!(※筑後銀行内定)
いよいよ始まりました。就活解禁です!!福岡ドームに到着し会場に入るまでに ドーム2周も並びました。入場してからも人の多さにビックリです。県外に行った友達ともたくさん会い、敵は福岡の大学生だけではないんだと思い知らされました。
この写真は おんたまさんが福岡に来られた際に 3人で福岡空港までお迎えに行った時に撮った写真です!

       t02200165_0800060012782437546

今回は先々週の合宿で LMC東京2015のおんたまさんのプレゼンを聞いて印象に残ったことと合同説明会で感じたことを 書きたいと思います。

 

「あれこれ考えずにやる」

この言葉はおんたまさんがプレゼンで おっしゃっていたことです。LMCは就活塾ではなく、ビジネススクールなので、実践的な様々なワークを通じて、社会人に必要な基礎力を鍛えていきます。そこで、メンバーの行動分析をしたそうなんです。その結果 、LMCの活動で「やれと言われたことをやってきた先輩はいい企業に就職している」というデータがでました。お茶の水女子大学大学院のおんたまさんの分析データは説得力が半端ないですww データが出たからには何事に足してもつべこべ言わずにやることが 自分の能力も高めることができる近道なのです。

そして何より、昨日の合同説明会で 某銀行企業の人事の方が求めている人材についてこうしゃってました。「上司の言ったことをつべこべ言わずにやる部下を求めている」。やはり、企業側も 文句を言ってやらない部下よりも 素直な心を持ち何事にも取り組む部下がいいのは当たり前ですよね。

「これをやったら何が身につくの?」
「これやってどうなるの?」
そんなことを考えても考えるだけ無駄ですよね。考える事自体はとても大切なことだとは思うんですけど、何もやらなければプラスにならない。なるからこそプラスの価値がでてくるのではないかと思います。おそらくそういう素直に実行していく人材の方が、成長が早いんだと思います。おんたまさんの分析結果にも出ていた通りなんだと思います。社会に出ても必要だから いまのうちに 何事に対しても「やる!」という姿勢を持って 活動していくことが大事ですよね!!そういう姿勢を体に染み込ませることで、自然と企業が求める人材になっていくのだと思います。と、いってもなかなか難しいですよね。でも、難しいから価値があるし他の学生と差別化出来るんだと思いますので、頑張っていきたいと思います。