私も就活でチャンスの糸を掴みたい!


はじめに

こんにちは!!
LMC福岡2015福岡大学の彩花です(*^_^*)(※福岡銀行に内定)

福大はテストも終わりついに春休みに突入しました!!
今年は去年とは違い勝負の春休みです!息抜きもしながら、4年生がはじまる頃には成長した自分でありたいです。

大手証券会社で営業成績No.1になった先輩

先日の合宿でLMC東京2012某王手証券会社で営業成績が全国1位になった麻里さんが福岡まで来てくださいました。

麻里さんがどうして1位になることができたのか、チャンスをつかむコツを知ることができました。

LMCで教わったことを会社でも実践してるだけっておっしゃっていたので、勇気が湧きました!
t02200293_0480064012831344916

※写真は和枝さん(ディー・エヌ・エー内定)と麻里さんが来られているときのご飯の写真です(*^_^*)キラキラ具合がはんぱないですw

チャンスの糸

世の中にはたくさんのチャンスの糸があるそうです。それがどんな結果につながっているのか、チャンスをつかむことができる当たりくじなのか、それは誰にもわからないそうです。

でも、まずはその糸を引かなければ、当然当たりも引くことができないですよね。当たりかはずれか分からなくても、とりあえずその目の前の糸を引くことが第1歩です。

例えば就職活動において考えてみます。
たくさんの説明会、学校のESの添削会、内定者との懇談会、日経新聞を読むこと、LMCメンバーであればLMCの活動。
目の前にはたくさんの糸がありますよね。

でも私達はどうしても最短ルートを探してしまいがちです。
「どうしたらESが通るのか?」「どう答えれば面接が通過できるのか」

そんな目標ばかりに目がいき、できるだけ無駄なことはしたくないと思ってしまいます。

しかし、チャンスをつかみ、成功する人というものはその無駄なことを何度も何度も積み重ねてからやっと成功できるのだと感じました。
むしろ無駄だったかなんてやってみないと分からないですし、私は無駄な経験なんてこの世にはないと思います(*^_^*)!

どんなこともとりあえずチャレンジしてみることが大切だと感じました。これは、就職活動だけでなく、社会に出てからも言える事なのではないかと思います。

人とは違う努力をする

これは、私が麻里さんとお話しをしていて気づかされたことです。

チャンスの糸の話にもつながるのですが、ある人と同じ目標があったとして、同じ課題が与えられたとします。
でも同じ課題をこなしたところで、私のような能力が低い人が優秀な人にはとてもかないません(+o+)

目標を達成するため、優秀な相手に勝つためには、その課題以外にも努力をしないといけないのです。
そこが自ら糸を探し出すことにもつながります。
本を読んでみたり、いろんな人に会いに行ったり、他の人がしないような努力をすることで、麻里さんも全国営業No1という結果を残されたのではないかなと感じました。

LMC入会が人と違う努力なんだと思う。

麻里さんのお話を聞くと、青山学院大学は高学歴ですから就活においても自信をもって活動されている人が多いそうです。

ですが、そのせいで就活に失敗している先輩、同期をたくさん見てきたそうです。
自分はそうなりたくない、あまり賢くないから他の青学生と違う努力をしないとダメということでLMCに入会されたそうです。

私は福岡大学なので、あまり賢くなないと思っています。
でも、希望する会社に就職したいです。だから、私は人と違う努力をしたいと思っています。

LMCでも一番努力した人になりたいです!