何事も続けてみることが大事


こんにちは(^O^)♪
LMC福岡2016、久留米大学の長野真之介です。
私は今、まさに大学の定期試験の真っ只中です!
単位はもちろん欲しいですが、いろんなことに手を出している私は意外にも忙しいものです。
これは嬉しい忙しさなのでテストもなんとか突破したいです。

私以外の2016メンバーもテスト期間のためアタフタしています。(笑)
t02200165_0800060012832999092
この写真は私が入っているゼミナール連合という組織で鍋をした時の写真です。(*^_^*)
寒かったので衝動的に鍋しちゃいました。(*^_^*)
最近はこの組織での活動が1番忙しい時期なのですが、メンバーの協力もあり、順調に進んでいます。
副委員長を務めていますのでこれからも頑張ります。

 

私が今までやってきたこと

私は今までの人生で意外とほかの人たちよりもいろいろな活動をしてきているのではないかと最近思うのです。そして、それを途中でやめたりしたことがないことが、自分の長所だったりするかもです。

今までの人生とかで話すと長いのですが、大学生活始まってからで言うと「すき家」のバイト、ゼミナール連合という組織の2つに2年近く取り組んでいます。
周りの人達もいろいろな活動をしていたりするのですが、辞めて行く人が多かったりするな~とふと思いました。特にバイトなんかはちょくちょく変えている人が多いですよね!
私も幾度となくやめたいと思いました。
それでもやめなかった理由はやめる勇気がなかったというのも正直あるのですが、続けていればなんとかなるかな?と思っているからです。

 

組織を抜ける理由を考えてみた

様々な団体でも、バイトでも1度入ったという事はその多くは自分から選んだものなのですから、条件などはある程度自分に合っているはずですよね?(^-^)
それでもやめたくなるのは時間がなくなったや、家庭の事情など特殊なケース以外での多くはその組織の雰囲気が自分に合わないや、人間関係のトラブルなどと思います。
私もそんなことを感じたこともあるのですが、いつもそんな時いい自分に言い聞かせるのはこれは社会に出る前の勉強だ!!!という事です。
社会に出れば性格の合わない人ともかかわらなくてはなりません。
それに、雰囲気なども合わないところに自分が無理やり合わせるのではなく、もっと自分を持つことが大事なのだと友達を見て学んだりもしました。

だから、やめることはないのです。
やりたくなくなったという根本的問題だと話は別ですけどね(>_<)

継続することに苦手意識を持つ私でも今までなんとかいろんなことを続けてこれました。
という事は誰もが実際は出来ることなのです。
早期離職などが問題に上がることが多い現在ですが、学生のうちに社会勉強や多くの出会いを通して自分にあった就職先を見つけることができたらいいなと思います。
そのためにLMCでの活動を今は頑張りたいと思います。