一日一日を精一杯


こんにちは!
LMC福岡2016筑紫女学園大学の都知木海宇です^0^暖かくなったり、寒くなったり変な天気ですね。体調を崩さないように気をつけて、よい新年度を迎えたいですね♪

o0800060012882747418

 

勉強会後にごはんを食べながら、プレゼンのアドバイス交換会をしました!3チームにわかれ心細いと感じることもありますが、みんなで切磋琢磨しあいよりよいプレゼンに出来たらな、と思います。

 

濃密な時間

今回は、21世紀枠で初のセンバツ春の甲子園出場を勝ち取った都立小山台高校について書きたいと思います!強豪校と言われている各県の私立高校とは異なり、小山台高校は進学校のため部活動の時間が平均一時間半しか取れないそうです。私が高校時代所属していた野球部は、学校後4時間以上の練習をしていましたが良い成績を残せませんでしたX_Xではなぜ、こんなに少しの練習時間で甲子園出場を果たしたのでしょうか?それは、驚異的な集中力にあると言われています。少ない練習時間を有効に使うために、着替えの時間は5分以内、ボール拾いの時は全力疾走を日々心掛けているそうです。その他にも、一つ一つの行動にしっかり意味を持って取り組み、厳しい環境の中でも限られた時間をいかに効率よく使うかを常に考えているそうです。

 

二兎を追って二兎を得る

小山台高校は文武両道がモットーです。勉学面では、野球部から毎年国公立・有名私立合格者を出し、野球では、昨秋の都大会でベスト8入りをし、春の選抜につなげました。まさしく、「二兎を追って二兎を得る」の模範だと言えますよね。

 

環境のせいにしない

ここまで、まとまらないなりにいろいろ書きましたが^^;なにを言いたいかというと、結果を得られない時の言い訳に環境を使ってはいけないということです。時間がなかったから、しっかりと用意出来なかったのは仕方ない。どちらも成功させないといけなかったから、どちらも中途半端になってしまった。今まで、私自身よく使ってしまっていた言葉たちですが、ただの言い訳でしかないですよね。用意出来なかったのは、時間がないと言いつつも無駄な時間も作らず集中していたわけでなく、実際くつろぐ時間は確保していたから。どちらも中途半端になってしまっていたのは、どちらに対しても全力で取り組んでいたわけでなく、自分で限界を作ってしまっていたから。

こんな言い訳や行動をして後悔するよりも、一日一日を精一杯に過ごし、濃密なものにしたいですね^0^/