世の中を見るには


 

こんにちは!
LMC福岡2016、筑紫女学園大学の都知木海宇です(*^^*)
みなさんGWの予定は決まっていますか?♪
私はSEKAINOOWARIのライブに行ってきます!
全身真っ黒&ギラギラのサングラスで仮装しようと計画しています。笑
それ以外はずっとバイトですが、人生初めてのライブのために頑張ります(/・ω・)/

今回は、「ツバメの実習」という話から自分がこれからどのように動くかを考えてみました。

動いているものは動いている者にしか見えない

この話では、ツバメの親子が素早く動く虫たちを捕まえるために、同じような速さで飛びます。
すると、虫たちがまるで止まっているように見え、簡単に捕まえることが出来るようになったということが伝えられています。

私たちが体感できることとして、電車やものすごいスピードで走っている車に乗っている人をじっとしている状態で見ることはできないですよね。
しかし、同じ方向に自分もものすごいスピードで動けば乗っている人の顔を見れたり、何か食べていることさえ見ることができます。
自分も同じスピードで動けば、周りが速いなんて感じないんですよね!!
これは、ものの見え方だけに言えることではないと思います。

だから自分が動く

今世の中や自分の周りでなにが動いているかを知りたいのなら、自分自身も動いていないといけません。
例えば、世界情勢を知りたければ新聞やニュースで情報を集める。
周りのみんながなにか行動しているな、頑張っているなと思うなら、みんながなにをしているのか聞くなりして真似でもいいからまず行動してみる。
とりあえず、周りの速度に合わせてみなければなにも見えてこないし、ましてや成長なんて出来ないですよね。
遅い速度でしか動いていない人も、ただ受け身で与えられる情報だけを吸収している人よりは認められるとは思うのですが。

ついていくために

動くためにはまず考え方を変えたいです。
明日になったらやろうという気持ちでは、私の経験上いつになってもやれません。
できません。

思い立ったが吉日、自分がなにを見つけたくてなにを得たいのかしっかり考え、とりあえず精神でもいいので行動したいですよね。
明日野郎はばか野郎です。
だって、今日vividに動いているなにかも明日になればdullになっているかもしれないですもん。
しっかりアンテナを張り巡らせ、世の中の動きに対応できるように常に自分も動いていきたいです!

写真は先週の合宿のときに撮ったものです。
16女子メンバーの半分がデニムシャツを着ていました(笑)
おしゃれの動きにもしっかりついていきたいです(#^^#)
t02200165_0800060012927798761