社会人のコミュニケーション能力


こんにちは!LMC福岡2015の松元啓悟です。
5月になり、就活生の皆さんもそろそろ佳境を迎え2016年度卒業の新3年生は学内での就職対策講座などが始まりだす頃かと思います。

それぞれおかれた環境や心境は異なると思いますが、自分の将来のために頑張っていきましょう!
今回のブログでは就職活動中によく耳にする、コミュニケーション能力について書きたいと思います。
t02200165_0800060012934054530

 

間違ったコミュニケーション能力

「私はコミュニケーション能力には自身があります」こんなことを就職活動中にはよく耳にします。
別に悪いことだとは思いませんし、本当にコミュニケーション能力の高い学生がいることもありますが・・
「本当にそうなのかな?」とつい思ってしまいます。
こういったことをいう人たちにとってのコミュ力とはおそらく
・友達が多い
・他大学の学生とも交流がある
・バイト先の同期と仲が良い
といったことを指しているのではないかと思います。
しかし、こういった学生は本当に会社に入社し社会に出てもコミュ力が高いと評価されるかと考えると自分はそうはならないと思います。
なぜなら同い年の友達、同じ大学生だとしっかりとコミュニケーションをとれていているのが当たり前だからです。

 

本当のコミュニケーション能力

では、社会人にとってのコミュニケーション能力とは何なのでしょう。
自分の考えは自分より大きく年齢の離れた人や、考えの異なる相手とどれだけうまく接していけるかという能力ではないかと思います。
仕事では様々なタイプの人間と働くことになるので、自分の価値観と大きく異なる人とも一緒に働いていかなければなりません。
そういった人を拒絶するのでなく、相手と自分の違いを受け入れ上手くすり合わせを行いながら働いていけるのが本当の意味でコミュ力のある社会人なのではないでしょうか。

 

コミュ力を身に付けるためには・・

では最後にそういった能力を学生のうちから身に付けるにはどうしたらいいのでしょうか。
自分が今やってみようと思っているのが自分が今嫌いな人や合わないと思っている人と仲良くなる努力をすることです。
どんな人間にも良い面、悪い面があるのは当然だと思うので相手の悪い面を認め、良い面を見つける努力をしてみようと思っています